9月18日、宮城県のスポーツランドSUGOで決勝レースが行われたスーパーGT第6戦。変わりゆく天候のなか、序盤からGT300クラスの上位争いを繰り広げた松井孝允/野中誠太組HOPPY Schatz GR Supraが10位に食い込み、1ポイントを獲得した。今季から若手の職人たちが作り上げたGRスープラで参戦を開始したチームにとっては、大きな大きな1ポイントとなった。

 今季、チームオリジナルの車両を製作しGT300クラスに臨んでいるHOPPY Schatz GR Supraは、富士スピードウェイで行われた公式テストから少しずつ歩みを続けてきた。ただ、第3戦鈴鹿を前にしたメーカーテストでクラッシュ。大きなダメージを負い、さらにエンジンも交換する憂き目に。修復のため第4戦を欠場したほか、エンジン代という新たな費用も生まれてしまった。

 しかしそんな苦労を経て、第5戦鈴鹿で復活したHOPPY Schatz GR Supraはこれを機にさまざまな部分を作り直し、戦闘力も向上。鈴鹿をしっかりと走り切ったことで「スタートラインに並び」、この第6戦SUGOで「戦いにいく」と土屋武士代表は目論んでいた。

 迎えた第6戦SUGOでは、HOPPY Schatz GR Supraは松井のアタックでQ1を突破すると、野中がQ2で6番手につけてみせる。そして決勝では序盤から上位争いに加わると、荒れた展開のなかレースを戦い抜き、10位でフィニッシュ。ついに待望の初ポイントを獲得した。2016年のGT300チャンピオンチームということを考えれば、この1ポイントは小さいようだが、チームのこれまでの苦労を考えれば非常に大きな1ポイントと言える。

「めちゃくちゃ嬉しいです。序盤から上位争いができましたしね」とレース後、土屋代表は素直に喜びを語った。

「まずはクルマを作る若い職人みんなが成長できる環境を支えてくださるスポンサーさん、サポーターの皆さんに感謝したいです。少し時間はかかってはいますが、この1ポイントは胸を張ってみんなで喜びたいと思います」

「もちろんホッとしたところもありますが、まだスタートを切ったところ。でも『スタートを切れた』ということは大きい。クルマを作ったことがなかった面々なんですから。『ここから始まる』ということですね」

 このHOPPY Schatz GR Supraを作り出すことは、チームの活動50年の“恩返し”でもあり、父である土屋春雄さんとの“最後の約束”でもあった。作り始めたはいいが、苦労の連続だった。しかし若き職人たちが苦心して作り上げたマシンがこうして上位を戦い、1ポイントをもぎとった。

「そういう意味では、ようやく親父にも多少は話せるかな、と思っています」と土屋代表はホッと胸をなで下ろしたようだった。

 ちなみに今週は、第5戦鈴鹿でクラッシュしたHACHI-ICHI GR Supra GTも予選日までは原因不明の不調に苦しんだ。しかし決勝まで夜遅くまでかかり原因を究明すると、「仮説を立ててセットアップしたら決勝では速くなった。大変でした」となんとか調子を取り戻すことができた。こちらも改めてスタートラインに立ったと言えるだろう。

 多くの苦労を乗り越え、なんとか2台のGRスープラが立つべきスタートラインを切った。土屋代表は「これで少し休めるかな。ほんの一日くらいだけど(笑)」と雨が降り続いていたSUGOで、次戦に向けたさまざまなミーティングを行いつつも、笑顔を浮かべていた。