9月18日、スペインのモーターランド・アラゴンで行われたMotoGP第15戦アラゴンGPでドゥカティが3年連続となるコンストラクターズタイトルを獲得した。これはドゥカティにとって、MotoGPクラスにおける4度目のワールド・タイトルで、シーズン終了まで5戦を残した状態でのタイトル確定となった。

 この結果には、2022年に6勝を挙げ、アラゴンGPでも2位に入ったフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)が大きく貢献した。また、4勝したエネア・バスティアニーニ(グレシーニ・レーシングMotoGP)、ドゥカティ最高位を3度獲得したヨハン・ザルコ(プリマ・プラマック・レーシング)、2度獲得したホルヘ・マルティン(プリマ・プラマック・レーシング)の活躍もあってこそ達成したものだった。

 今大会では、ポールポジションからスタートしたバニャイアは、好スタートを切ってすぐにレースをリード。その後、一旦はバスティアニーニにオーバーテイクを許したものの、すぐにポジションを挽回して最終ラップまでトップを走行。しかし、最終ラップでバスティアニーニが再びトップに立ち、わずか0.042秒差でフィニッシュラインを通過した。

 一方、チームメイトのジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)は2番グリッドからスタートし、バニャイアのすぐ後ろにつけたが、その後の周回で、バスティアニーニ、次にブラッド・ビンダー(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)とアレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング)にオーバーテイクを許し、最終的には5位でフィニッシュした。

 現在ランキングトップのファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が1周目にクラッシュしたことにより、2位に入ったバニャイアはクアルタラロとの差を10ポイントまで縮めた。チームメイトのミラーはランキング5位となっている。ドゥカティ・レノボ・チームは、チームランキングで2位と37ポイント差の首位をキープしており、2007年のケーシー・ストーナー以来のライダーズチャンピオンも目指している。

 ドゥカティ・コルセ・ゼネラルマネージャーのルイジ・ダリーニャは「3年連続でコンストラクターズタイトルを獲得できたことを嬉しく思う。MotoGPにおけるドゥカティの歴史の中では、4度目のタイトルだ」と喜んだ。

「バニャイアの6勝、バスティアニーニの4勝など、今年のライダーが達成した成績を考えると、予想通りの結果となった。この目標を再び達成するために、献身的に仕事に取り組んでくれた、すべてのライダーとドゥカティ・コルセのすべてのスタッフに感謝したい」

「今後は、ライダーズタイトルを獲得することだけに集中することができる。残り5戦で、ランキングトップのライダーとの差は10ポイントなので、タイトル獲得の可能性は、これまで以上に大きく開かれている」

■2022MotoGP ドゥカティの最高位ライダー
RoundPosRider第1戦カタールGP優勝エネア・バスティアニーニ第2戦インドネシアGP3位ヨハン・ザルコ第3戦アルゼンチンGP2位ホルヘ・マルティン第4戦アメリカズGP優勝エネア・バスティアニーニ第5戦ポルトガルGP2位ヨハン・ザルコ第6戦スペインGP優勝フランセスコ・バニャイア第7戦フランスGP優勝エネア・バスティアニーニ第8戦イタリアGP優勝フランセスコ・バニャイア第9戦カタルーニャGP2位ホルヘ・マルティン第10戦ドイツGP2位ヨハン・ザルコ第11戦オランダGP優勝フランセスコ・バニャイア第12戦イギリスGP優勝フランセスコ・バニャイア第13戦オーストリアGP優勝フランセスコ・バニャイア第14戦サンマリノGP優勝フランセスコ・バニャイア第15戦アラゴンGP優勝エネア・バスティアニーニ