1948年のアムステルダム・モーターショーで『LAND ROVER SERIES I(シリーズ1)』を発表してから、2023年で75周年を迎えるにあたり、ランドローバー75周年を記念した特別仕様車『LANDROVER DEFENDER 75TH LIMITED EDITION(ランドローバー・ディフェンダー75THリミテッド・エディション)』が登場。

 エクステリアとインテリアにグラスミアグリーンを採用し、専用の75周年グラフィックをレイアウトした“90(ナインティ)”と“110(ワンテン)”は、2022年9月15日(木)から10月16日(日)の期間限定受注となり、合計225台の導入が予定されている。

 すべての源流となるシリーズ1へのオマージュを込め、その最新世代となるディフェンダーをベースに登場した今回の特別仕様車は、上位グレードの“HSE”をベースに、ロングボディの『110』にはマイルドハイブリッドテクノロジー(MHEV)を採用した、3.0リッター直列6気筒インジニウム・ディーゼル(D300)、ショートの『90』には2.0リッター直列4気筒インジニウム・ガソリン(P300)を搭載した。

 そのエクステリアでは、同車初となるアイコニックなグラスミアグリーンを専用エクステリアカラーとして採用し、さらに20インチアロイホイールとホイールセンターキャップも同色仕上げに。そして75周年グラフィックやセレスシルバーのバンパー、プライバシーガラスなどが組み合わされた。

 一方、耐久性と多用途性に優れたインテリアも、グラスミアグリーンパウダーコートブラッシュドフィニッシュのクロスカービームや、レーザーエッチングディテールが施されたエンドキャップを採用し、エボニーレジストシート、センターコンソールサイドのホッケースティックは、ラインアップで最も頑丈なファブリックであるロバステックを使用している。

■大型タッチスクリーンやサウンドシステム、HUDなどの先進機能も充実
 機能面では、マトリックスLEDヘッドライトやコンフィギュラブルテレインレスポンスなどおなじみの装備を筆頭に、3Dサラウンドカメラや11.4インチの大型タッチスクリーンを備えたインフォテインメントシステム“Pivi Pro”、メリディアンサウンドシステムにヘッドアップディスプレイ、ワイヤレスデバイスチャージングなどの先進機能も充実。

 さらに格納式ファブリックルーフや、14ウェイ電動フロントシート(ヒーター&クーラー付き)、ヒーター付ステアリングホイール、3ゾーンクライメートコントロールなども装備し、卓越した快適性が提供される。

 このディフェンダー75THリミテッド・エディションの発売を記念した、新しいランドローバーライフスタイルグッズも発表され、グラスミアグリーンをテーマとした2本のストラップが特徴的なミニマルなウォッチや、機能的なバックパック、75周年グラフィックやディテールを配したウェア類など幅広いラインアップが用意された。

 予定台数を上回る申し込みがあった場合は抽選となり、全75台の『90』が1101万3000円、同じく150台の『110』が1242万3000円(ともに税込)となっている。

ランドローバーウェブサイト:http://www.landrover.co.jp
ランドローバーコール(フリーダイヤル):0120-18-5568