9月24日(土)、岡山県の岡山国際サーキットでファナテック・GTワールドチャレンジ・アジア・パワード・バイAWS第5ラウンドのレース1となる第9戦の決勝が行われ、横溝直輝/藤波清斗組ヨギボー・レーシングの27号車フェラーリ488 GT3が第7戦以来となる今季2勝目を飾った。

 マレーシア・セパンで開幕した2022年のGTWCアジアは、鈴鹿サーキット、富士スピードウェイ、スポーツランドSUGOと転戦し、第5ラウンドの舞台・岡山を迎えた。

 当初最終戦として予定されていた第6ラウンドのマンダリカ(インドネシア)がキャンセルされたことにより、この岡山での2レースで2022シーズンはフィナーレを迎える。日本で開催された第2〜5ラウンドにかけられた『ジャパンカップ』含め、すべてのシーズンタイトルがこの週末に決することになる。

 24日午前に行われた予選の結果、レース1のポールポジションは、ヨギボーの横溝が獲得。2番手にAASモータースポーツの18号車ポルシェ911 GT3 R(カンタディ・クシリ/タナート・サティエンティラクル)が続き、シルバークラスの2台がフロントロウから並んでスタートすることとなった。

 予選3番手には、ブロンズドライバー最速タイムを星野敏がマークしたDステーション・レーシングの47号車アストンマーティン・バンテージAMR GT3(星野/藤井誠暢)がつけたが、黄旗区間での減速違反があり、3グリッド降格に。他にもポルシェセンター岡崎30号車ポルシェなどを含めた5台のマシンが、この違反によりグリッド降格ペナルティを受けた。

 60分の決勝レースでは、25〜35分の10分間にドライバー交代を伴うピット作業が義務づけられている。最低ピットタイム(ピット入口〜出口間の時間)は全車一律に90秒だが、前戦トップ3にはハンデが設けられており、SUGOのレース2で優勝したDステーション・レーシングの47号車は15秒、2位だったプラス・ウィズ・BMWチーム・スタディ5号車は10秒、3位のカーガイ・レーシング777号車は5秒が、岡山のレース1での最低ピットタイムに加えられる。また、SUGO戦を欠場したポルシェセンター岡崎30号車(富士戦レース2で2位)にも、+10秒のハンデが科せられている。

 夏の暑さを感じさせる晴天のもと、14時50分にフォーメーションラップがスタート。1周のフォーメーションを終えてもセーフティカーはピットインせず、そのままエクストラ・フォーメーションラップへと突入した。

 14時52分、正式スタートが切られると、6番手スタートだったDステーションの47号車星野がポジション争いのなかで1コーナーを大回りする形となり、9番手にまでポジションを落とす。

 前方では99号車メルセデスをドライブするH.H.プリンス・アブドゥル・ラーマン・イブラヒムがカーガイ・レーシングの777号車木村武史をパス。スタートから3番手の座を守った888号車H.H.プリンス・アブ・バーカー・イブラヒムに続き、トリプルエイトJMR勢が3、4番手でオープニングラップを終えることとなった。

 3周目、47号車星野はアトウッドカーブででリープ・フューエリング・アンビションズ19号車ランボルギーニの濱口弘と接触があったようで、スピン。ほぼ最後尾にまで順位を落としてしまう。これにより、19号車にはドライブスルー・ペナルティが科せられた。

 首位の27号車横溝は快調に飛ばし、2番手の18号車サティエンティラクルに対し5周で約4秒のギャップを築く。3番手以下は数珠つなぎの状態で混戦模様となるが、19号車がバックストレートでマシンを止めたため、残り43分というところでセーフティカーが導入された。

 スタートからちょうど25分が経過したタイミングで、セーフティカーが退去となると、うまいリスタートを切った27号車がリードを広げた一方、3番手以下の上位勢は一斉にピットイン。トリプルエイトの2台はピットでロスがあったか順位を下げ、実質の3番手には+5秒ハンデも消化した777号車が浮上する。その背後にはABSSAモータースポーツの澤圭太、チーム・ウエマツ2号車植松忠雄という、2台のマクラーレン720S GT3勢がつける展開となった。

 トップ2のヨギボー27号車、AAS18号車は2周後にピットインし、ドライバー交代を行うと、順位をキープしたままコースへ復帰。

 しかしそこへニュータイヤで圧倒的なペースを刻むカーガイ777号車のケイ・コッツォリーノが瞬く間に迫っていった。残り22分のバックストレートエンド、アウトから18号車をかわしたコッツォリーノは2番手に順位を上げる。

 このあとAAS18号車はピットストップ違反による1秒のストップ・アンド・ゴーペナルティが科せられ、3番手にはマクラーレン勢をパスしてきたトリプルエイト99号車のニック・フォスターが浮上してきた。

 首位をゆくヨギボー藤波とコッツォリーノのギャップは、残り15分の段階で5.4秒、残り10分では4.4秒、残り5分では3.3秒と徐々に詰まっていったが、藤波がリードを守り切ってポール・トゥ・ウインを決めた。。

 2位でフィニッシュした木村/コッツォリーノ組は、GT3プロ/アマのジャパンカップタイトルを確定。また、このレースで3位となった99号車組に対してGT3オーバーオール・カテゴリーでのリードを広げる形となった。

 総合4位、プロ/アマクラス3位には16号車マクラーレンの小泉洋史/澤組が入り、嬉しい初表彰台獲得となった。GT3アマクラスでは、チーム・ウエマツ2号車の植松/内田優大組がトップチェッカーを受けた。

 GT4カテゴリーのシルバー/アマクラスでは、クラスポールだったGTOレーシングチーム14号車メルセデスAMG GT4(ブライアン・リー/安岡秀徒)が優勝。GT4アマクラスは、アキランド・レーシングの71号車トヨタGRスープラGT4(大山正芳/植田正幸)が制している。

 シーズン最終戦となる第10戦の決勝レースは、25日(日)11時40分にフォーメーションラップがスタートする予定だ。

■GTワールドチャレンジ・アジア第5ラウンド岡山 第9戦決勝結果
Pos.No.Cat/ClassTeamCarDriverGap127 GT3 Silverヨギボー・レーシングフェラーリ488 GT3横溝直輝/藤波清斗35Laps2777 GT3 Pro-Am*カーガイ・レーシングフェラーリ488 GT3木村武史/ケイ・コッツォリーノ1.225399 GT3 Pro-AmトリプルエイトJMRメルセデスAMG GT3 EvoH.H.プリンス・アブドゥル・ラーマン・イブラヒム/N.フォスター9.894416 GT3 Pro-Am*ABSSAモータースポーツマクラーレン720S GT3小泉洋史/澤圭太22.91958 GT3 Pro-AmEBMギガ・レーシングポルシェ911 GT3 RS.サントソ/R.ハーカー23.7436888 GT3 Pro-AmトリプルエイトJMRメルセデスAMG GT3 EvoH.H.プリンス・アブ・バーカー・イブラヒム/J.ジャファー24.199730 GT3 Pro-Am*ポルシェセンター岡崎ポルシェ911 GT3 R永井宏明/上村優太29.197847 GT3 Pro-Am*Dステーション・レーシングアストンマーティン・バンテージAMR GT3星野敏/藤井誠暢32.524960 GT3 Pro-Am*LMコルサフェラーリ488 GT3中西慧/脇阪薫一45.8071018 GT3 SilverAASモータースポーツポルシェ911 GT3 RK.クシリ/T.サティエンティラクル49.039112 GT3 Am*チーム・ウエマツマクラーレン720S GT3植松忠雄/内田優大55.238127 GT3 Am*コメット・レーシングホンダNSX GT3 Evo山﨑裕介/辻子依旦1'06.3131351 GT3 AmAMACモータースポーツポルシェ911 GT3 RA.マクファーソン/W.ベン・ポーター1'17.844145 GT3 Pro-Am*プラス・ウィズ・BMWチーム・スタディBMW M4 GT3山口智英/荒聖治2Laps1514 GT4 Silver-AmGTOレーシングチームメルセデスAMG GT4B.リー/安岡秀徒2Laps1617 GT4 Silver-Am*クレフモータースポーツマクラーレン570S GT4YUKO/井上雅貴2Laps1744 GT3 Am*ビンゴ・レーシングコルベットC7 GT3-RBANKCY/武井真司2Laps1896 GT3 Pro-Am*Kチューンズ・レーシングレクサスRC F GT3野上昌範/新田守男2Laps1933 GT4 Silver-Am*チームGMBメルセデスAMG GT4羽田野宏明/細川慎弥3Laps2071 GT4 Am*アキランド・レーシングトヨタGRスープラGT4大山正芳/植田正幸3Laps214 GT4 Am*コメット・レーシングメルセデスAMG GT4坂井一裕/藤井正明4Laps-19 GT3 Am*リープ・フューエリング・アンビションズランボルギーニ・ウラカンGT3 Evo濱口弘/大蔵峰樹29Laps
※リザルトは編集部集計