2021年5月にマイナーチェンジを実施し、フォルクスワーゲンの新たなファミリーフェイスに生まれ変わった『Tiguan(ティグアン)』に、新たなパワートレインとして“TSI 4MOTION(ティーエスアイ・4モーション)”が登場。シリーズ待望の4WDモデルは3グレード構成となり、9月21日より受注受付が開始されている。

 これまで1.5リッターTSIエンジンを採用した前輪駆動モデルを軸に展開してきた現行ティグアンに、待望の追加設定モデルとして登場した“TSI 4モーション”は、最高出力140kW(190PS)、最大トルク320Nmを発生させる2.0TSIエンジンを搭載する。

 このユニットは、他のダウンサイジングエンジン同様に最大トルク発生回転数が1500〜4100rpmと広いトルクバンドを持っていることが特徴で、この扱いやすいフレキシビリティさを備えるエンジンを、フォルクスワーゲン独自の4輪駆動システムとして定評ある“4モーション”と組み合わせることで、高いロードホールディング性能と、高出力ながら扱いやすいエンジン性能を備えた4WDモデルとなっている。

 その4モーションには“アクティブ”と“アクティブ・アドバンス”、そして“Rライン”の3グレードが用意され、エントリーのアクティブでは1.5リッターTSIエンジン同様の装備に加え、4モーションアクティブコントロールやヒルディセントアシスト、ドライビングプロファイル機能などが搭載される。

■最上位のRラインにはスポーティな専用内外装に加え豊富なオプションを用意
 中間グレードのアクティブ・アドバンスでは、LEDマトリックスヘッドライト“IQ.ライト”やフォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム“ディスカバー・プロ”やデジタルメータークラスター“デジタル・コックピット・プロ”などの先進装備を標準とする。

 そして最上位のRラインでは、スポーティさを醸し出す専用の内外装に加えて豊富なパッケージオプションも用意され、助手席側ヒーター、メモリ、リバース連動機能付きの電動格納式リモコンドアミラーや、電動調整機能を備えたRライン専用レザーシートなどを含む“レザーシートパッケージ”を設定。

 さらにアダプティブシャシーコントロールの“DCC”に、ダブルスポークの20インチタイヤ&ホイールをセットした“DCCパッケージ”や、電動パノラマスライディングルーフとハーマン・カードンのプレミアムサウンドシステムがセットになった“ラグジュアリーパッケージ”も用意される。

 エクステリアカラーはナイトシェードブルーメタリックやドルフィングレーメタリックなど全5色展開となり、価格は479万2000〜581万6000円(税込)となっている。

フォルクスワーゲン カスタマーセンター:0120-993-199
フォルクスワーゲン公式ホームページ:https://www.volkswagen.co.jp/ja/models/tiguan.html