9月30日、WRC世界ラリー選手権第11戦『ラリー・ニュージーランド』の競技2日目、今大会最長となるステージ合計距離158.56kmで争われたデイ2はSS2〜7が行われ、ヒョンデ・シェル・モビスWRTのオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)が2日続けて総合首位となった。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合8番手につけている。

■2022年WRC世界ラリー選手権第11戦ラリー・ニュージーランド暫定結果 SS7後
Pos.No.DriverMachineGap18O.タナクヒョンデi20 Nラリー11h36'48.6233E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+0'00.231S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+0'06.7469K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+0'07.2544G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+0'43.8611T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+0'45.672O.ソルベルグヒョンデi20 Nラリー1+1'28.3818勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+1'42.0920H.パッドン(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+5'07.01037L.ベルテッリフォード・プーマ・ラリー1+5'41.4R42C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1TC6
※リザルトは編集部集計