2022年F1第17戦シンガポールGPのフリー走行3回目が行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がトップタイムをマークした。2番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3番手はカルロス・サインツ(フェラーリ)となっている。角田裕毅(アルファタウリ)は15番手だった。

 グランプリ2日目の土曜日は雨のなかFP3を迎えた。気温26度、路面温度29度というコンディションでセッション開始時刻の現地時間18時を迎えたが、ピットレーンはクローズのままだ。開始前からセーフティカーがコースを走ってコンディションを確かめているが、コース上の水量はかなり多いようだ。

 開始15分を迎えるころには雨も止み、コースコンディションも徐々に改善され、残り時間30分のところでピットレーンがオープンになった。ピエール・ガスリー(アルファタウリ)が最初にフルウエットタイヤでコースに出て行くが、場所によっては水たまりがあり、マシンの後方に大きく水しぶきも上がる状態だ。

 続々と各車コースへ出て行くが、いずれもタイヤはフルウエット。そんななか、まずはガスリーが2分9秒894を記録した。少し遅れてコースへ出たマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、最初からインターミディエイトタイヤを履いている。その後コース上では徐々にインターに履き替えるマシンが増え始め、タイムシート上も頻繁に順位が入れ替わる。フェルスタッペンが2分3秒272でトップに立ち、ガスリーが2分3秒478、セルジオ・ペレス(レッドブル)が2分3秒819というトップ3だ。角田も2分7秒072でこの時点で9番手につけている。

 終盤に入るとフェルスタッペンが1分59秒456と2分を切った。シャルル・ルクレール(フェラーリ)も1分58秒899でトップタイムを更新し、フェルスタッペンが0.02秒差でが続く。ルクレールはさらにタイムを縮め、1分57秒782をマーク。このままルクレールがトップでセッションは終了した。

 0.526秒差で2番手がフェルスタッペン、1.066秒差でサインツが3番手というトップ3となり、4番手以下フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、ペレス、ランス・ストロール(アストンマーティン)、エステバン・オコン(アルピーヌ)、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)、ジョージ・ラッセル(メルセデス)、ダニエル・リカルド(マクラーレン)となっている。アルファタウリはガスリーが13番手、角田が15番手だった。

■2022年F1第17戦シンガポールGPフリー走行3回目 リザルト
Pos.No.DriverTeamTimeLaps116C.ルクレールフェラーリ1’57.7821121M.フェルスタッペンレッドブル1’58.30812355C.サインツフェラーリ1’58.84812414F.アロンソアルピーヌ1’59.4299511S.ペレスレッドブル1’59.52611618L.ストロールアストンマーティン2’00.37311731E.オコンアルピーヌ2’00.911985S.ベッテルアストンマーティン2’01.00711963G.ラッセルメルセデス2’01.01010103D.リカルドマクラーレン2’01.036131120K.マグヌッセンハース2’01.089131244L.ハミルトンメルセデス2’01.22081310P.ガスリーアルファタウリ2’01.245151447M.シューマッハーハース2’01.502131522角田裕毅アルファタウリ2’01.67914164L.ノリスマクラーレン2’01.791131723A.アルボンウイリアムズ2’01.907131877V.ボッタスアルファロメオ2’02.066111924周冠宇アルファロメオ2’02.59911206N.ラティフィウイリアムズ2’03.51010