マセラティは2022年10月3日、新型グラントゥーリズモを発表した。ブランド初の電動モデルのほか、内燃機関モデルも用意する。

 新型グラントゥーリズモのデザインは、長いボンネットと4本のフェンダーが交差する中央のボディが特徴で、マセラティブランドに共通するクラシックなプロポーションを踏襲。ルーフラインは、ダイナミックに下がり、アイコンであるトライデント(三叉槍)のロゴを排したピラーのカーブが強調されている。

 新型グラントゥーリズモの内燃エンジン搭載車には、新世代V6ネットゥーノを採用。バリエーションは、490psの3.0リッターV6ツインターボを搭載した『モデナ』と、最高出力550psまで高めたハイパフォーマンスモデルの『トロフェオ』のふたつ。

 また、EVの『グラントゥーリズモ フォルゴーレ』は100%電気自動車用バッテリーを使用したパワートレインを採用。『フォルゴーレ』はフォーミュラEで培われた最先端の技術で開発された800ボルト技術をベースに、300kWの強力な永久磁石モーターを3基搭載し、優れたパフォーマンスを発揮する。
 
 インテリアにおいては、マセラティ・インテリジェント・アシスタント(MIA)のマルチメディアシステム、最新のインフォテインメント、主な機能をタッチスクリーンのインターフェースに集約したコンフォート・ディスプレイ、デジタルクロック、ヘッドアップ・ディスプレイ(オプション設定)などを採用している。

 また、『グラントゥーリズモ』には発売と同時に75周年を記念した限定シリーズ『プリマセリエ 75th アニバーサリーローンチエディション』を用意している。