10月30日(日)、2022年の全日本スーパーフォーミュラ選手権第10戦・公式予選が鈴鹿サーキットで開催された。前日の第9戦でドライバーズタイトル2連覇を決めた野尻智紀(TEAM MUGEN)が1分35秒台まであとわずかに迫る最速タイムを記録し、今季6度目のポールポジションを獲得した。フロントロウ2番手は第9戦に続いて宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM'S)が獲得。3番手に大津弘樹(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が続いた。

 ドライバーズタイトル、チームタイトルが決定してから一夜明けた鈴鹿サーキット。前日同様に秋晴れの空が広がり、気温19度、路面温度20度というコンディションで今シーズン最後の公式予選がスタートした。

 Q1のA組は、サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)、牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、福住仁嶺(ThreeBond Drago CORSE)、大嶋和也(docomo business ROOKIE)、笹原右京(TEAM MUGEN)、国本雄資(KCMG)、関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)、ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM'S)、阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)、佐藤蓮(TEAM GOH)、大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)が出走。

 各車がセッション開始と同時にコースイン。アウトラップでは、三宅淳詞(TEAM GOH)とのルーキー・オブ・ザ・イヤー争いが残っている佐藤がNISSINブレーキヘアピンでスピンしヒヤリとする場面もあったが、ダメージなくコースに復帰し、全車が新品タイヤに履き替え残り時間が5分を示したところでアタックに向かった。

 先頭でアタックに入ったのは大湯だったが、セクター1のタイムから、あとに続く牧野、笹原らに更新される。まずは1分37秒410のターゲットタイムで暫定首位に立つも、すぐに牧野が1分36秒860をマークして逆転した。さらに、第9戦のウィナー笹原が1分37秒144で牧野に続き、国本も大湯を上回る1分37秒333で暫定3番手につけた。

 前日はまさかの不調でQ1敗退となったフェネストラズが早さを取り戻し、1分37秒203で3番手につけると、アレジが1分37秒316で4番手に滑り込む。セッション終盤は、Q1突破のボーダーライン上にいた大湯に対し、セクター2で0.1秒上回った佐藤のタイムに注目が集まったが、1分37秒458で、わずか0.04秒届かず、Q1敗退が決定。牧野、笹原、フェネストラズ、アレジ、国本、大湯の6名がQ2に進出し、佐藤、阪口、福住、関口、大嶋がここで予選終了となった。

 B組は、野尻、山下健太(KONDO RACING)、大津、小林可夢偉(KCMG)、平川 亮(carenex TEAM IMPUL)、宮田、坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)、松下信治(B-Max Racing Team)、三宅淳詞(TEAM GOH)、山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)が登場。山本以外の9名はユーズドタイヤでチェックラップに入ったが、山本はステイを選択し、コースインぎりぎりまでセッティング調整を施していた。

 A組同様に残り時間が5分のところで各車がコースインし、野尻からアタックを開始。野尻はセクター1から速さを披露し、A組では誰も到達しなかった25秒台を記録すると、1分36秒440で暫定トップに立った。これに続いたのは大津で、セクター1、2では後れを取ったもののコース後半で全体ベストをたたき出し、1分36秒650で2番手につけた。

 続いて、平川が1分36秒878で3番手に入ったが、これを宮田と坪井、三宅が上回り、平川は6番手にドロップする。ただ、この後の山下、小林は1分36秒台に入れることができず、松下、山本とともにノックアウト。36秒台に入れた野尻、大津、坪井、宮田、三宅、平川がQ2にコマを進めることとなった。

 ここまで大きなアクシデントもなく進み、マシンが走行を重ねることでコースコンディションも向上。Q2は1分36秒台の戦いとなった。が、今シーズンの第3戦、第9戦と鈴鹿で行われた予選でいずれもポールポジションを獲得している野尻は、異次元のスピードを見せる。

 野尻は先頭でアタックに入ると、セクター1でただ一人25秒7のタイムを記録し全体ベストをマーク。さらにセクター2、3とすべてが全体ベストを表すレッドマークを付け、1分36秒003でトップタイムをマークした。続いてコントロールラインを通過した牧野は野尻から約0.8秒遅れの1分36秒789。笹原が1分36秒612で牧野を上回るが、それでも野尻との差は0.6秒と大きかった。その後、大津がセクター4のタイムで野尻を上回ったが、トータルでは1分36秒468で野尻には届かず。

 終盤、宮田がセクター3と4で野尻を上回り逆転に期待がかかったが、1分36秒043でわずか0.04秒差での2位に。野尻が今季6度目のポールポジション獲得となった。野尻は今シーズン、鈴鹿サーキットで開催された3戦すべてでポールポジションを獲得。現役スーパーフォーミュラドライバーでは山本尚貴の13回が最多ポールポジション獲得回数だが、これに並ぶ記録となった。2位は2戦連続で宮田が入り、大津は今季2度目の予選3位獲得となった。

 31周で争われる第10戦決勝レースは、このあと14時30分にスタートの予定だ。