2022年F1メキシコGP決勝で、メルセデスのジョージ・ラッセルは2番グリッドから4位でフィニッシュした。スタート直後、ポールポジションのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)には届かず、3番手スタートのルイス・ハミルトンに抜かれた後、4番手スタートのセルジオ・ペレス(レッドブル)の後ろに落ちてしまった。

 4番手を走り続けた後、上位勢のなかでは最後にピットストップ。ラッセルはソフトタイヤへの交換を望んでいたが、チームはハードを選択。ミディアムで前を走るペレスのペースが終盤落ちてくることを期待しての決断だった。しかし結局ラッセルはペレスに追いつくことができず、フリーストップを得られる状況だったため、71周のレースの69周目にソフトタイヤに履き替えて、ファステストラップを記録した。

■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
決勝=4位
2番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード→ソフト

 すごくいいスタートを決めたのだが、1周目にふたつポジションを落とした。ミディアムタイヤからハードという戦略は、今思えば正しいものではなかった。ハードタイヤはとにかくグリップが全然なくて、うまく機能させることができなかったんだ。

 レッドブルとフェラーリはソフトタイヤでスタートした。他のチームがなぜソフトを選択したかを理解する必要がある。それが正しい戦略だったみたいだからね。そういう意味で、今日のことから学習すべきことは明らかだ。彼らと同じ戦略を採っていたら、もっと近づけたかもしれない。

 とはいえ、僕たちチームは前進しつつあるし、そのことに僕は満足している。ブラジルがどうなるのか楽しみだよ。メキシコほど競争力が高くはないと思うけどね。それでも今週末から得たものは大きい。チーム全員が素晴らしい仕事をした。

(『Sky Sports F1』からスタート直後のことについて聞かれ)ターン1に向けて、アウト側からマックスをオーバーテイクすることはできないと分かった。でもすぐ横にルイスがいた。チームメイト以外の誰かだったら、相手を押し出したかもしれない。