4月16日に開幕した2022年シーズンのスーパーGTは、11月5〜6日にモビリティリゾートもてぎで開催される第8戦『MOTEGI GT 300km RACE GRAND FINAL』で最終戦を迎える。シリーズチャンピオン決定の舞台となる第8戦もてぎを直前に控え、ここではGT300クラスのタイトル獲得の可能性を残す6台の、それぞれのドライバーズタイトル獲得条件をみてみよう。

 ランキングトップの56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)と、ランキング2位の61号車SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)の上位2台は優勝(20ポイント獲得)すれば、他車の順位に関わらず自力でのシリーズタイトル獲得となる。ランキング3位で続く10号車TANAX GAINER GT-R(大草りき)はポール・トゥ・ウイン(21ポイント獲得)でのみ自力タイトル獲得という状況だ。

 また、61号車は8位もしくはP.P+9位(3ポイント獲得)以上、10号車大草は5位もしくはP.P+6位(6ポイント獲得)以上が逆転タイトル獲得への最低条件だ。

 自力タイトルのチャンスはないが、37ポイント獲得でランキング5位に続く52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GT(川合孝汰)は、2位(15ポイント獲得)以上に入った上で、ライバルの順位次第となる。

 そして、ランキング7位の11号車GAINER TANAX GT-R(安田裕信/石川京侍)と、ランキング8位の65号車LEON PYRAMID AMG(蒲生尚弥/篠原拓朗)は優勝が大逆転へ向けた最低条件だ。

 第8戦は大会特別規則書の第18条により、決勝レース中に1回のタイヤ4本交換が義務付けられることとなった。これにより、これまでGT300で広く見られたタイヤ無交換、タイヤ2輪交換といった作戦は封じられることとなった。これはタイヤにやさしいGTA-GT300勢にとっては痛手となるかもしれない。

 タイトル争いの主役は2台のGT-RとBRZに違いない。しかし、そんな予想を覆すミラクルがたびたび起きるのも、27台もの車両が参戦するGT300クラスの魅力でもある。見どころの尽きない第8戦『MOTEGI GT 300km RACE GRAND FINAL』は、記録、そして記憶に残る一戦となりそうだ。

■GT300クラス第8戦もてぎ終了後の獲得見込みポイント表(編集部集計)
順位獲得Pt.藤波&オリベイラ井口&山内大草りき川合孝汰安田&石川蒲生&篠原P.P.+優勝217370.567585654優勝207269.566575553P.P.+2位166865.5625351492位156764.561525048P.P.+3位126461.5584947453位116360.557484644P.P.+4位96158.5554644424位86057.554454341P.P.+5位75956.5534442405位65855.5524341396位55754.5514240387位45653.5504139378位35552.5494038369位25451.54839373510位15350.54738363411位以下05249.546373533
※赤:自力タイトル獲得/黒:他車の獲得ポイント次第でタイトルの可能性有り/青:タイトル獲得の可能性消失
※ランキング4位の10号車富田竜一郎、ランキング6位の52号車吉田広樹はそれぞれ1戦を欠場し、チームメイトとポイント差が生じているためドライバーズタイトルの可能性はない