11月1日、FIA F2とFIA F3は2023年シーズンの開催スケジュールを発表した。両カテゴリーともにオーストラリア・メルボルンのアルバートパーク・サーキットでの初開催が決定。FIA F2は全14戦、FIA F3は1戦増加の全10戦が開催され、全戦がF1の併催イベントとなる。

 7シーズン目を迎えるFIA F2は、2022年と同じく全14戦の開催となるが、F1フランスGPの併催として開催されたル・キャステレ(ポール・リカール・サーキット)での開催がなくなり、代わりに第3戦としてメルボルンがカレンダーに加わった。

 一方、5シーズン目を迎えるFIA F3は1大会増加の全10戦に。FIA F2同様に初のメルボルン開催が行われることに加え、第4戦にモナコ・モンテカルロが新たに追加された。GP3時代には開催があったモナコだが、FIA F3としては初開催となる。

 今回発表されたカレンダーについて、両選手権のCEOを務めるブルーノ・ミシェルはFIA. F2、FIA F3の公式サイトで以下のように述べた。

「2023年のカレンダーを発表できることを非常にうれしく思う。2023年のFIA F2カレンダーは、2022年は全14戦28レースとこれまで以上にアクションを楽しめたので、来季もこれを維持したいと考えた」

「幸い、グランプリウイークのプログラムにFIA F2を加えたいと考えているサーキットはたくさんあるが、我々は常にレース数増加に伴うコスト増加を懸念している。そこで、2023年シーズンも大会数を14戦に制限することを決定した。今後もチームの予算が適切なレベルに保たれるよう、今後も支援を続けていく」

「初開催となるメルボルンはチームやドライバー、またFIA F2を見る人、楽しむ人にとって素晴らしいサーキットだ。私たちのマシンがあのストリートでバトルするのを見るのは、とても面白いに違いない」

「そして、2023年のFIA F3は2022年よりも1戦多い10戦となる。3つの大陸で開催され、これまでのどのシーズンよりも多いレース数となる予定だ。レース数は増加するが、我々はチームの予算に特別な注意を払っており、一部輸送費を負担するなどを通じ、チームの予算が高騰しないように支援を続ける」

■FIA F2 2023年カレンダー(2022年11月1日発表)
Round日程開催地13月3〜5日サクヒール(バーレーン)23月17〜19日ジェッダ(サウジアラビア)33月31〜4月2日メルボルン(オーストラリア)44月28〜30日バクー(アゼルバイジャン)55月19〜21日イモラ(イタリア)65月25〜28日モンテカルロ(モナコ)76月2〜4日バルセロナ(スペイン)86月30〜7月2日レッドブル・リンク(オーストリア)97月7〜9日シルバーストン(イギリス)107月21日〜23日ハンガロリンク(ハンガリー)117月28〜30日スパ・フランコルシャン(ベルギー)128月25〜27日ザントフォールト(オランダ)139月1〜3日モンツァ(イタリア)1411月24〜26日ヤス・マリーナ(アブダビ/アラブ首長国連邦)

■FIA F3 2023年カレンダー(2022年11月1日発表)
Round日程開催地13月3〜5日サクヒール(バーレーン)23月31〜4月2日メルボルン(オーストラリア)35月19〜21日イモラ(イタリア)45月25〜28日モンテカルロ(モナコ)56月2〜4日バルセロナ(スペイン)66月30〜7月2日レッドブル・リンク(オーストリア)77月7〜9日シルバーストン(イギリス)87月21日〜23日ハンガロリンク(ハンガリー)97月28〜30日スパ・フランコルシャン(ベルギー)109月1〜3日モンツァ(イタリア)