11月5日、2022年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 第54回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿のJSB1000クラス決勝レース1が三重県の鈴鹿サーキットで行われ、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が優勝を飾った。2位は渡辺一樹(YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN)、3位は清成龍一(TOHO Racing)となっている。

 3レース制になった最終戦。土曜日の午前中に予選、午後にはレース1が行われた。周回数の違う3レース。レース1は一番長い20周という周回数が設定された。

 朝から晴れ渡り、夏のような白い雲が青空にポカリと浮かんでいる。しかし吹き込んでくるのは、冷たい強い風。そんな中で好スタートを切ってホールショットを奪ったのは濱原颯道(Honda Dream RT SAKURAI HONDA)。ロケットスタートを決めた岩田悟(Team ATJ)と中須賀が並んで1コーナーに侵入。中須賀が引いたために5番手に後退。

 一方、オープニングラップで岩田がトップ浮上。岩田、渡辺一樹(YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN)と続き、中須賀はオープニングラップで4番手まで挽回。この4台がトップ集団を形成する。2周目には渡辺、中須賀に交わされて4番手に後退した濱原が遅れ出し、トップ集団は3台に。

 3周目。渡辺が岩田を捕らえてトップ浮上。中須賀も岩田をパスして2番手浮上。中須賀は渡辺の背後にピタリとつける。岩田はトップ2台に離され、追い上げてきた亀井雄大(Honda Suzuka Racing Team)、清成龍一(TOHO Racing)と表彰台争いを開始する。

 レース中盤。トップ2台は膠着状態のまま。表彰台争いは7周目に集団トップに浮上した清成がペースを上げて単独走行に移行。

 13周目。ついに中須賀がトップ浮上。しかし渡辺が意地で抜き返す。中須賀は渡辺の背後での走行に戻る。

 15周目。渡辺がラインを外したところで中須賀が前に出る。次の瞬間、中須賀が少しラインを外して渡辺が前に出る。渡辺のマシンが暴れ、またもや中須賀が前に出る。

 ファステストラップをマークして渡辺に1秒の差をつけて16周目に突入した中須賀。残り4周は中須賀の独壇場。最後まで危なげない走りで今季11勝目をマーク。同時にレース2のポールポジションをも獲得した。

 一方、中須賀に引き離された渡辺は単独2番手で周回を重ねていたものの、ラスト2周の最終シケインでコースアウト。すぐにコース復帰したものの、単独3番手で走行していた清成に迫られてしまう。

 しかし渡辺は清成を前に出すことなく2位でゴール。清成は3位に甘んじたものの、今季初、チーム移籍後初の表彰台獲得となった。

■中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)決勝レース1:優勝
「20周のレースだったので、タイヤを温存して後半に仕掛けようと思っていました。サインボードに『OK』と出たタイミングで仕掛けましたが、なかなか抜けずに苦労しました。前に出てからは自分のアベレージタイムを刻むことだけに集中しました」

「タイヤマネージメントをしながらも、レース後半に向けてペースを上げられたというのがマシンが仕上がっている証拠です。明日は12周、15周とレース周回数が短くなり、よりハイスピードの戦いになると思うので、序盤から集中していきたいです」

■渡辺一樹(YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN)決勝レース1:2位
「20周と長い中、序盤は風が強く、人の後ろにいるのが怖かったので、前に出て自分のペースでタイヤを温存しながら走っていました。もう少しペースが上げられるかなと思っていたけど、後半に向けてバイクが崩れてしまい、(中須賀選手に)前に出られてしまいました。その後も何とか前に出て、通せんぼしてでもレースがしたかったのですが、結局離されてしまいました。明日は改善してスピードで勝負したいです」

■清成龍一(TOHO Racing)決勝レース1:3位
「20周はかなり長くて疲れちゃいました。タイヤに厳しいレースになるのは分かっていたので、フリー走行と予選をセッティングに費やして、チームにいいバイクを造ってもらいました。最後はペースが落ちてしまったけれど、思ったとおりのレースができてチームに感謝しています。自分の体調は完ぺきではないので、今日の表彰台はラッキーでした。明日は今日よりも少し短いレースになるので、いい結果を出せるよう祈りながら寝ます」