11月5日、栃木県のモビリティリゾートもてぎで2022スーパーGT第8戦『MOTEGI GT 300km RACE GRAND FINAL』の公式予選が行われ、GT300クラスは55号車ARTA NSX GT3(武藤英紀/木村偉織)がポールポジションを獲得した。

 いよいよシーズン最終戦を迎えた2022年のスーパーGT。国内外の様々なマシンがしのぎを削る群雄割拠のGT300は、この最終戦もてぎに6台がタイトル獲得権利を持ってレースに臨む。

 走行開始日となる土曜日は朝から曇り空となったもてぎ。午前の9時35分から始まった公式練習に続き、午後の14時35分からは気温16度、路面温度27度、湿度46%というコンディションでGT300A組の予選からセッションが開始された。

■Q1 A組:TANAX GAINER富田がチームメイトの逆転タイトルに望みを繋ぐ 

 今回のもてぎ戦でも2組に分けられ行われたGT300の予選。10分間のQ1A組に出走したのは56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R、10号車TANAX GAINER GT-R、11号車GAINER TANAX GT-R、4号車グッドスマイル 初音ミク AMG、7号車Studie BMW M4、88号車weibo Primez ランボルギーニ GT3、30号車apr GR86 GT、6号車Team LeMans Audi R8 LMS、87号車Bamboo Airways ランボルギーニ GT3、55号車ARTA NSX GT3、360号車RUNUP RIVAUX GT-R、25号車HOPPY Schatz GR Supra、244号車HACHI-ICHI GR Supra GT、22号車アールキューズ AMG GT3の14台だ。

 コースに出た各マシンはウォームアップランを行いながら走行を続け、序盤は1分59〜2分台で走行を続ける。そんななかセッション残り3分30秒ほどでペースが上がり始める。まず最初にアタックに入ったのは10号車の富田竜一郎。セクター1〜3で前提ベストを記録しながらホームストレートに戻ってきた富田は1分45秒939というタイムを記録してトップに立つ。

 その後方からは88号車の元嶋佑弥が1分46秒237で2番手、僚友である87号車を駆る坂口夏月も1分46秒798で3番手に続くも、ポイントランキングトップの56号車藤波清斗がその直後に1分45秒985というタイムを記録して2番手に入ってくる。さらに55号車の武藤英紀がランボルギーニ2台を上回る1分46秒039を記録して3番手に飛び込む。

 10分間のセッションはチェッカーが振られ、各マシンがラストアタックに入る。再度アタックを行った88号車は1分46秒136にタイムを縮め4番手、7号車は荒聖治がアタックを行い1分46秒332で5番手に入り、6号車アウディを駆るメリが1分46秒333という1000分の1秒差で6番手に入る。

 その後方には87号車の坂口が連続アタックでタイムを縮め7番手、Q2進出ラスト枠となる8番手は谷口信輝が1分46秒504を記録した4号車となり、今回スポット参戦を行う名取鉄平がアタックを行った360号車、タイトル獲得権利を残す11号車、そして30号車、244号車、25号車、22号車はQ1敗退となっている。

■Q1 B組:UPGARAGE小林が最速 

 A組終了後には14時38分からB組の予選が10分間で行われた。B組には61号車SUBARU BRZ R&D SPORT、52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GT、65号車LEON PYRAMID AMG、18号車UPGARAGE NSX GT3、2号車muta Racing GR86 GT、96号車K-tunes RC F GT3、60号車Syntium LMcorsa GR Supra GT、5号車マッハ車検 エアバスター MC86 マッハ号、9号車PACIFIC hololive NAC Ferrari、20号車シェイドレーシング GR86 GT、50号車Arnage MC86、31号車apr GR SPORT PRIUS GT、48号車植毛ケーズフロンティア GT-Rの13台が出走した。

 こちらもセッション開始とともに13台が一斉にコースイン。ウォームアップランを行いながらタイヤを温めていく。そして残り6分ほどでポイントランキング2位につける61号車の井口卓人が一足早くアタックに入る。ホームストレートに戻ってきた井口は1分46秒133でトップに立つと、ピットではパートナーの山内英輝も走行を見つめるなか、井口は続く周回も連続アタックを敢行する。

 しかしその61号車を上回る速さを見せたのは9号車フェラーリを駆るケイ・コッツォリーノだ。まずは先行する61号車井口が1分45秒863で自身のトップタイムをさらに更新。続く9号車は最終セクターでタイムが伸びなかったものの1分45秒886で2番手に。ここでGT300B組予選はチェッカーが振られるなか、18号車の小林崇志が全体ベストを記録しながらホームストレートに戻ってくる。

 18号車のタイムは1分45秒351となり最終アタックでトップに立つ。さらに2番手には篠原拓朗がアタックを行った65号車が1分45秒674で続く。これで61号車は3番手、9号車は4番手となり、チェッカーラップで96号車の高木真一が1分45秒995を記録して5番手に飛び込む。6番手には5号車を駆る冨林勇佑が続くも、最終ビクトリーコーナーでの走りが「走路外走行」と認定されベストタイム抹消となる。

 このタイム抹消で6番手となったのは2号車の堤優威となり、タイトル獲得のためにQ2進出が必須となる52号車は川合孝汰がアタックを行い7番手でQ2進出を果たす。8番手にはベストタイムが削除された5号車がセカンドベストのタイムで辛くもQ2進出。20号車、60号車、31号車、50号車、48号車はQ1敗退となった。

■Q2:ルーキー木村偉織が0.3秒差をつけ初ポール獲得

 Q1を通過した16台によるGT300予選Q2は、GT500クラスの予選Q1を挟み、15時13分から10分間のセッションが開始された。シグナルグリーンと同時に多くのマシンがピットを後にするなか、ランキング首位の56号車ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラは2分ほどウェイティングを行い、最も最後にコースに出ていった。

 陽が傾くなか各マシンがウォームアップを走行を行っていく。このQ2で最も早くアタックを行ったのは61号車スバルBRZを駆る山内だ。まだウォームアップ走行を行う車両たちをかき分けながらアタックを行い、セクター3まで全体ベストを記録しながら最終ビクトリーコーナーに入る。

 しかし、その最終コーナーを立ち上がった61号車山内だったが、アウト側の縁石をわずかに乗り越えてしまったWRブルーのスバルBRZはバランスを崩しスピン状態に入ってしまい、巻き込むようにしてピットウォールにクラッシュしてしまう。山内の体は無事だが、マシンはリヤ部分に大きなダメージを負ってしまいコース上にストップ、このアクシデントで残り3分57秒で赤旗が提示された。

 ステアリングを握っていた山内はマシンを降りると悔しそうな表情を浮かべて回収作業を見守る。61号車の回収作業完了後、GT300の予選Q2は15時31分に残り時間5分で再開を迎える。残り時間は5分ということもあり、シグナルグリーンとなった瞬間に残る15台は一斉にコースインしていく。

 まずアタックに入ったのは55号車と18号車のホンダNSX GT3の2台。まずは太田格之進が駆る18号車が1分45秒121でトップに立ち、55号車は木村偉織が1分45秒904で2番手に。その後方では96号車の新田守男が最終コーナー立ち上がりでスピンを喫してしまい、アタックを行っていたマシンたちは一度仕切り直しを求められる。

 トップタイムを記録した18号車がピットに戻るが、対する55号車は連続アタックを敢行。その最終アタックで木村は1分44秒798を記録して18号車を上回り、逆転で自身初のポールポジションをコースレコード更新という記録付きで獲得した。

 ピットに戻ってきた木村は嬉し涙を流しながら「今シーズンは辛いレースばかりだったのでマジで嬉しいです。明日も頑張ります!」と喜びを語った。

 2番手には同じくホンダの若手である太田が続き、NSX GT3がフロントロウを独占。3番手には片岡龍也がラストに1分45秒170というタイムを記録した4号車が続き、同じくメルセデスAMG GT3の65号車が4番手となり、この上位4台がレコード更新タイムを記録している。

 5〜6番手にはもてぎと相性のいいランボルギーニ2台が続き、ポイントランキングトップの56号車は最終的にタイムを伸ばすことができずに7番手。8番手にはタイトル争いを繰り広げる10号車、そして9番手には同じくタイトルを争う52号車が続く結果となった。