11月6日、2022年MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第8戦 第54回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿のJSB1000クラス決勝レース2が三重県の鈴鹿サーキットで行われ、中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)が優勝を飾った。2位は渡辺一樹(YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN)、3位は清成龍一(TOHO Racing)となっている。

 日曜日の昼前に行われたレース2は12周という周回数。レース1のファステストラップ順でグリッドにつく。

 好スタートを切ってホールショットを奪ったのは清成龍一(TOHO Racing)。中須賀、榎戸育寛(SDG Motor Sports RT HARC-PRO.)、作本輝介(AstemoHondaDreamSIRacing)、渡辺一樹(YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN)の5台がトップ集団を形成する。

 2周目の200Rシケインで榎戸が転倒。これで清成、中須賀のトップ争い、作本と渡辺の表彰台争いの二手に分かれる。

 4周目。中須賀がトップに浮上。清成は作本、渡辺との2位争いに移行。5周目にファステストラップをたたき出した中須賀は、完全に単独走行を開始する。

 6周目に2位争いグループトップに浮上した渡辺。集団を抜け出して2位嘆息走行を開始。同時に4位争いグループで走行していた岡本裕生(YAMAHA FACTORY RACING TEAM 2)が2位争い集団に合流。逆に作本は徐々に交代して2位争い集団から脱落。岡本は清成を攻略して3番手に浮上する。

 11周目。ケガからの復帰戦で活躍を見せていた岡本が転倒。一方、中須賀は残り2周で少しマシンを滑らせるシーンがあったものの、後続に4秒もの大差をつけて12勝目を飾った。渡辺に次いで清成が3位でゴール。レース1と同じ顔ぶれが同じ順序で表彰台に立った。

■中須賀克行(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)/決勝レース2:優勝
「朝のフリー走行でフィーリングがよくなかったので、少しだけ不安がありました。でも決勝前には路面温度が上がり、フィーリングも同じように上がったので、自分が前に出たら思い通りに走ろうと思っていました。ただ、ペースを上げるとタイヤの消耗が早まるので、相談しながら走りました」

「午後のレース3は15周なので、タイヤをマネージメントしながら、しっかりアベレージタイムを刻めるように組み立てたいです」

■渡辺一樹(YOSHIMURA SUZUKI RIDEWIN)/決勝レース2:2位
「新しいセッティングにしてもらったんですが、ほぼ昨日のセッティングに戻り、結果的に引き離されてしまいました。また、清成選手をなかなか抜けず、前を追いかけようと思っていましたが離れてしまいました。非常に悔しい展開になりました。つらい状況ですが、次は100パーセント出し切ってしっかりレースしたいです」

■清成龍一(TOHO Racing)/決勝レース2:3位
「今日も表彰台に上がれてうれしいです。ラスト2周までは上がれない状況でしたが、岡本選手が転倒したことで、ここにいることができます。岡本選手が無事であることを願います。昨日からセッティングを変更し、10周くらいはもっといいペースで走れるかと思ったのですが、何もかわらなかったので悔しいです。でも今までに比べるといいところで走れているので、レース3ではもう少しいいところを走りたいです」