11月6日、2022年シーズンのスーパーGT最終戦となる第8戦『MOTEGI GT 300km RACE GRAND FINAL』の決勝レースが、モビリティリゾートもてぎで行われ、GT300クラスは55号車ARTA NSX GT3(武藤英紀/木村偉織)が今季初優勝をポール・トゥ・ウイン&ファステストの完勝で飾った。

 一方、56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R(藤波清斗/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が、タイヤ脱落トラブルで19位でチェッカー。しかし、2.5ポイント差でランキングトップを死守し、2020年以来となる2年ぶりのシリーズチャンピオンに輝いた。

 3年ぶりに最終戦の舞台となったもてぎ。シーズンの最終戦となる第8戦決勝はほぼ全車がノーウエイトで挑む戦いとなる。56号車を筆頭に6台がチャンピオン獲得の権利を残していただけに、熾烈な接近戦が繰り広げられることが予想された。5日に行われた公式予選では55号車ARTA NSX GT3の木村偉織が自身初ポールポジションを獲得。2番手に18号車UPGARAGE NSX GT3(小林崇志/太田格之進)が続き、ホンダNSX GT3がフロントロウに並んだ。

 セカンドロウ3番手に4号車グッドスマイル 初音ミク AMG(谷口信輝/片岡龍也)、4番手にタイトル獲得の可能性を残す56号車LEON PYRAMID AMG(蒲生尚弥/篠原拓朗)が続いた。

 ランキングトップの56号車は6番グリッドから、10号車TANAX GAINER GT-R(富田竜一郎/大草りき)は7番グリッドから。そして9番グリッドから52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)、20番グリッドから11号車GAINER TANAX GT-R(安田裕信/石川京侍)、そして予選Q2でクラッシュを喫した、ランキング2位の61号車SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)は16番手から逆転タイトルに挑むことこととなった。

 なお、今大会は特別規則によりドライバー交代時のタイヤ4輪交換が義務付けられている。今期GT300で広く見られたタイヤ無交換、タイヤ2輪交換といった作戦が展開できなくなったため、コース上でのポジションアップが大きな鍵となる一戦となる。決勝当日は快晴に恵まれ、気温16度、路面温度27度、湿度45%というコンディションのなか、2周のフォーメーションラップを経て、63周(GT500の周回数)の決勝レースは13時7分にスタートを迎えた。

 ポールスタートのARTA木村が1コーナーのホールショットを守るも、2番手UPGARAGE小林が3コーナーでオーバーテイクを決めトップに浮上する。その背後では88号車weibo Primez ランボルギーニ GT3の元嶋佑弥がLEON蒲生を攻略し4番手浮上する。

 そんななか、9周目に最初の波乱が。3コーナーでGT500クラスの36号車au TOM’S GR Supraが、30号車apr GR86 GTのリヤに接触。これでスピンを喫した30号車を避けきれず25号車HOPPY Schatz GR Supraが接触。さらに、GT500クラスの24号車リアライズコーポレーション ADVAN Z、39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supra、23号車MOTUL AUTECH Zも絡む多重アクシデントとなり、フルコースイエロー(FCY)が導入される。ただ、4コーナーで液体漏れがあったため、FCYは10周目にセーフティカー(SC)へと変わった。

 液体処理も終わり、クラス別の整列が行われ。リスタートも近いと思われた13周目、ホームストレートでまさかのアクシデントが発生する。

 31号車apr GR SPORT PRIUS GTの中山友貴が、5号車マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号の冨林勇佑に追突。これで2台は激しく損傷し、ホームストレート上にマシンを止めてしまう。幸い、ドライバーは無事だったが、SC中の追突というまさかのアクシデントでSCは継続されることに。ホームストレート上に破片も散らばっていたことから、全車がピットレーンを通過。なお、このSC中に7番手につけていた10号車を筆頭に、61号車、11号車、87号車が給油のみを実施している。

 レースは3分の1を経過しようかという20周目に再開を迎えた。25周目終わりにトップの18号車がピットイン。しかし再スタートに手間取り、タイムロス。順位を下げることとなり、優勝戦戦から離れてしまう。

 一方、24周目に8番手52号車が、続く25周目に6番手56号車がピットイン。ここで、52号車がアンダーカットに成功し、ピットストップ義務消化組のトップにおどり出る。この時点で52号車の背後には65号車、10号車、56号車と、タイトルの可能性を残す車両が続くことに。なお、11号車はSC中のピットレーンシグナル無視で10秒のペナルティストップが課せられ、大きく後退することに。

 タイトル争いの直接対決が繰り広げられるなか、32周目の3コーナーで10号車TANAX富田竜一郎が65号車LEON蒲生尚弥をオーバーテイク。さらに、富田は52号車吉田の背後に着く。そんななか、SC明けから安定したレースペースを見せ52号車吉田に約12秒のギャップをつけて、“裏の”トップの座を奪う。なお、37周目の2コーナーで、56号車リアライズのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが65号車LEON蒲生をかわし、裏の4番手に浮上している。

 37周終わりにGT300は全車がピットを終え、55号車武藤、52号車吉田、10号車富田、56号車オリベイラというトップ4に変わった。このままの順位であれば56号車のタイトル獲得という状況になったが、波乱は続く。

 42周目、56号車オリベイラが突如3コーナーでコースオフ。そのままスロー走行となると、5コーナーの進入で右フロントタイヤが外れてしまう。なんとかピットに戻った56号車は新たな右フロントタイヤを装着するも19番手に後退。これで3番手につける10号車がタイトル最有力候補におどり出る。

 大草りきのデビューチャンピオンを叶えるべく、10号車富田は3位をキープ。しかし、SC中に給油を行いルーティーンピットの時間を大きく短縮した87号車Bamboo Airways ランボルギーニ GT3の松浦孝亮が猛烈な追い上げで10号車の背後につくと、52周目の3コーナーで富田をかわし3番手に浮上する。さらに、富田の背後には18号車UPGARAGEの太田格之進が急接近。

 53周目から54周目にかけて富田と太田は手に汗握る、見応えのあるサイド・バイ・サイドを繰り広げると、54周目のヘアピンで18号車の太田がオーバーテイクを決め、4番手に浮上する。

 一方、2番手の52号車の背後に87号車松浦が接近し、2台はテール・トゥ・ノーズの戦いに。57周目の90度コーナーで松浦が2位に浮上。これで52号車のタイトルのチャンスが遠のく。

 さらに5番手の10号車富田の背後には、88号車の小暮卓史が接近。『88号車小暮が10号車をかわせば、56号車がノーポイントでもタイトルを獲得』という状況だけに、富田はポジションを死守するべく、走行を続けた。しかし、10号車はタイヤが厳しくなったか、小暮との間合いはほぼゼロに。そして迎えたファイナルラップ。2コーナーで小暮がアウト側からオーバーテイクを決め2番手に浮上。この瞬間、公式映像には56号車の藤波がピットでガッツポーズをする姿も見られた。

 60周目、2022年シーズンは苦戦が続いた55号車が4.048秒のギャップを守ったままトップチェッカーを受け、今季初勝利をポール・トゥ・ウインで飾った。2位に87号車Bamboo Airways ランボルギーニ GT3、3位に52号車埼玉トヨペットGB GR Supra GTが続いた。4位には18号車UPGARAGE NSX GT3が入り、5位はタイトル争いを左右するオーバーテイクを決めた88号車weibo Primez ランボルギーニ GT3が続いた。

 第1戦岡山での勝利から一度もランキングトップを譲ることなく、シーズンを通じて速さと強さを見せた56号車リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-Rが52ポイント獲得で、2年ぶりのチャンピオンに輝いた。ランキング2位に49.5ポイント獲得の61号車SUBARU BRZ R&D SPORT、ランキング3位に49ポイント獲得の10号車TANAX GAINER GT-Rの大草りきという結果となった。

 2022年シーズンも熾烈かつドラマチックな8戦が繰り広げられたスーパーGT。2023年にはどのようなレースが繰り広げられるだろうか。