11月6日、2022年MotoGP第20戦バレンシアGP Moto2クラスの決勝がスペインのリカルド・トルモ・サーキットで行われ、アウグスト・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)は2位、小椋藍(IDEMITSU Honda Team Asia)は転倒リタイアとなり、フェルナンデスがMoto2チャンピオンに輝いた。

 前戦終了時点で、ランキング首位のフェルナンデスと2番手の小椋の差は9.5ポイント。タイトル争いはこの2名に絞られている。

 決勝の1周目は、5番手スタートの小椋が4番手、その後ろに3番手スタートのフェルナンデスがつける。2周目には小椋が2番手に浮上し、フェルナンデスは5番手となる。

 その後、4番手のアロンソ・ロペス(Beta Tools Speed Up)が転倒して、フェルナンデスは4番手に浮上するが他車に抜かれて再度5番手に。このままフィニッシュすれば、0.5ポイント差で小椋はチャンピオンを獲得できないが、まだチャンスはある状態だ。

 しかし、小椋は8周目に8コーナーで転倒を喫して再スタートできずにリタイア。この時点でフェルナンデスの王座獲得が決定した。

 フェルナンデスはその後も13周目に2位に浮上。トップのペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)を追い、約1秒差でフィニッシュした。レースはアコスタが優勝、フェルナンデスが2位、トニー・アルボリーノ(ELF Marc VDS Racing Team)が3位表彰台を獲得した。

 また、小椋は2023年もIDEMITSU Honda Team Asiaで青山博一監督とともにMoto2クラスを戦うことが発表されているため、来年こそはチャンピオンを狙うだろう。