TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は11月10日(木)から12日(土)にかけて中東バーレーンで行われるWEC世界耐久選手権の2022年最終戦、第6戦バーレーン8時間レースで、シリーズタイトルをかけた大一番に臨む。

 WECのハイパーカーカテゴリーは、今季ここまで5戦にわたる激戦を続けられてきたが、マニュファクチャラーとドライバーのチャンピオン争いは、共にバーレーン・インターナショナル・サーキットで開催される最終戦へと持ち込まれた。

 ドライバーズタイトル争いはこれまでにないほどの接近戦となっており、今季のル・マン24時間を制したセバスチャン・ブエミ、ブレンドン・ハートレー、平川亮の8号車GR010ハイブリッドが、アルピーヌ・エルフ・チームの36号車アルピーヌA480・ギブソン陣営と同点首位でシーズン最終戦に臨むことになる。当然、上位でフィニッシュした方がチャンピオンだ。

 ディフェンディングチャンピオンである7号車の小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペスも、彼らにとって3年連続となるタイトル獲得の可能性を残している。上位2チームとの差は26ポイント。このバーレーン8時間レースでは、ポールポジション+勝利で39ポイントが獲得できるため、ランキングトップ2台が共にフィニッシュできなかった場合には、逆転することが可能となるのだ。

 マニュファクチャラーズタイトル争いでは、ここまで5戦を終えてTGRが26ポイント差でリードしており、少なくとも1台が完走してチェッカーを受ければチャンピオンが決定する状況だ。

 バーレーンでの走行は、10日(木)の2度の90分間にわたる練習走行セッションで始まる。8時間で争われる決勝レースは12日(土)の現地時間午後2時(日本時間午後8時)にスタートが切られる。

 TGRからバーレーン8時間レースに挑む6名のドライバーのコメントは、以下のとおりだ。

■8時間レースは「どんなことでも起こり得る」
●小林可夢偉(チーム代表兼7号車ドライバー)
「バーレーンは素晴らしい設備環境のある最高のサーキットなので、チームの全員が楽しみにしています」

「我々の今季の目標のうち、ル・マン24時間と富士6時間の制覇は果たしました。しかし、まだマニュファクチャラー、ドライバーの両タイトル獲得という大きな目標が残っており、バーレーンでは是非この2つを勝ち取りたいと思います」

「今季はシーズンを通して僅差の激戦が繰り広げられ、決して楽な道のりではありませんでした。しかし、我々は富士で、チームメンバーやトヨタの仲間、パートナーの皆様の応援を受けて、ワン・ツー・フィニッシュという完璧な週末を成し遂げることができました」

「バーレーンでもそれを再現することが目標です。激戦が繰り広げられた今季のハイパーカーシーズンを締めくくる最終戦ということで、ファンの皆様にとっても興味深い1戦になると思いますし、さらに大きなチャレンジになるであろう、2023年シーズンへの期待も高めてくれるでしょう」

●マイク・コンウェイ(7号車)
「バーレーンでのレースは楽しいし、何年にもわたって、何度も良い思い出がある。実際、私にとってのWEC初勝利は2014年のバーレーンだし、もちろん過去2シーズン、可夢偉、ホセと共にチャンピオンを決めた場所でもある」

「現実的に考えて、我々7号車の今季のドライバーズチャンピオン獲得は厳しいが、好結果でシーズンを締めくくることに集中する。今季は何度も悔しいレースがあったが、最後は勝って、最高の気分で冬のオフシーズンを迎えたいと思う」

●ホセ・マリア・ロペス(7号車)
「バーレーンはレースをするのに最高の場所だ。いつも好天で、サーキットも好きなので、シーズン締めくくりのレースとして楽しみにしている」

「我々7号車は、ここ数年と比較すると今までとは異なる状況で、タイトル争いからは事実上脱落していると言えるだろう。しかし、それは我々が純粋に優勝だけを求めて戦えるということでもある。我々7号車はシーズンを通して非常に高い競争力を示してきたが、なかなか結果に結びつかなかった。最終戦では勝利を狙えると思う」

●セバスチャン・ブエミ(8号車)
「我々のバーレーンでの目標は明確であり、ドライバーとマニュファクチャラーの両タイトル獲得だ。これは、我々8号車がアルピーヌの前でフィニッシュしなければならないということを意味しており、落ち着いて、リスクやミスのないレース運びをすることが最も重要だ」

「今季のハイパーカーの争いは非常に接近しており、一筋縄ではいかないだろう。しかし、我々にはこれまでタイトルを獲得してきた経験があり、GR010ハイブリッドのバーレーンでの競争力にも自信がある」

「何が起こるか分からないが、エキサイティングなレースウイークになるだろう」

●ブレンドン・ハートレー(8号車)
「タイトルを争う2台が同点で、最終戦で決着をつけるという状況は、ファンの皆様にとってはとても素晴らしいことだ」

「我々としては、絶対にミスは許されないので、レースウイーク最初から全てを着実に進めていき、クルマの全パフォーマンスを引き出さなくてはならない。GR010ハイブリッドは昨年走った印象からも、バーレーンには向いていると思うが、今年の戦いを保証してくれるわけではないし、8時間という長丁場のレースではどんなことでも起こり得る。タイトル争いはいつも緊張するが、楽しみでもある」

●平川亮(8号車)
「私自身はバーレーンでレースを戦ったことはありませんが、昨年のWECシーズン終了後に行われたテストの時に、GR010ハイブリッドでこのコースを走りました。その時に初めてGR010ハイブリッドとの一体感を得て、自分のパフォーマンスを示すこともできたので、私にとって重要な経験でした」

「楽観的に気持ちを楽にして、レースウイークを迎えます。今シーズンはずっと接戦でしたし、バーレーンも間違いなく同じようになると思いますが、我々のチームには強さがあります。残り1戦、世界チャンピオンをかけた大一番で頑張りたいと思います」