11月10日、WRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』の競技初日、デイ1のSS1が豊田市の鞍ヶ池公園で行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのセバスチャン・オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)が最速タイムを記録。初日のラリーリーダーとなった。日本人WRCドライバーとして母国凱旋ラリーに臨む勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は7番手タイムで、総合7番手につけた。

 なお、同ステージは後続車のクラッシュによって赤旗が出され、その後キャンセルに。アクシデントを起こしたのは、シトロエンC3ラリー2を駆る新井敏弘であるり、コドライバーの田中直哉とともにメディカルチェックのため病院に搬送されたと伝えられている。

■2022年WRC世界ラリー選手権第13戦ラリージャパン暫定結果 SS1後
Pos.No.DriverMachineGap11S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー12'07.0242C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1+0.138O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+0.2411T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+0.3569K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+0.6633E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+1.2718勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+1.9844G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+2.296D.ソルドヒョンデi20 Nラリー1+3.11021E.リンドホルム(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+4.0
※リザルトは編集部集計