11月10日、WRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』の競技初日、デイ1のSS1が豊田市の鞍ヶ池公園で行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのセバスチャン・オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)が最速タイムを記録。初日のラリーリーダーとなった。日本人WRCドライバーとして母国凱旋ラリーに臨む勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)はステージ7番手タイムで、総合7番手につけた。

 2010年以来、12年ぶりの開催となる『ラリージャパン』が10日(木)、豊田市の豊田スタジアムで行われたセレモニアルスタートで幕を開けた。10日(木)から13日(日)までの4日間にわたる戦いに先立って行われたセレモニーでは、全36台のクルーが「安全祈願」の鼓みを打ってSS1“Kuragaike Park”に向けて出発。陽が沈んだ17時43分から、今大会唯一となるナイトステージに挑んでいった。

 朝のシェイクダウンステージと同じ舞台ながら順走での走行となるSS1では、ジェームス・フルトンとの新コンビでWRC日本戦にやってきたクレイグ・ブリーン(フォード・プーマ・ラリー1)が2分07秒1の暫定ベストをマークする。

 しかし、これを前戦スペインで今季初勝利を飾ったオジエがわずか0.1秒上回りトップに。結局、2分07秒0というタイムが最後まで破られることはなく選手権8冠王者がラリー初日に総合首位に立った。

 首位オジエ、2番手ブリーンに続いたのは、ヒョンデでの“ラストイベント”を迎えたオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)でトップとはコンマ2秒差。さらに僚友ティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)が0.1秒差で続き、トップ4台が0.4秒差で並ぶ大接戦となった。

 ステージ5番手以降はトヨタ勢が連なる結果となり、5番手カッレ・ロバンペラ、6番手エルフィン・エバンス、7番手勝田(いずれもトヨタGRヤリス・ラリー1)というオーダーに。勝田とオジエのタイム差は1.9秒だ。

 8番手はガス・グリーンスミス(フォード・プーマ・ラリー1)、9番手にダニ・ソルド(ヒョンデi20 Nラリー1)、10番手にはWRC2クラス最速車となったエミル・リンドホルム(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)が入っている。

■新井敏弘組がクラッシュ。ステージは中止

 同ステージではWRC2クラスにシトロエンC3ラリー2で出場している新井敏弘/田中直哉が、スタート直後500m地点でクラッシュを喫した。この影響でステージは赤旗中断。その後ステージキャンセルとなり、20番手となった福永修(シュコダ・ファビアR5)以下、スタート順が後方だったクルーにはノーショナルタイムが与えられている。

 アクシデントを起こしたシトロエンの新井、田中の両名は、メディカルチェックのため病院に搬送されている。