11月11日、WRC世界ラリー選手権第13戦『ラリージャパン』の競技2日目・デイ2が行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのエルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合首位に立った。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は総合5番手につけている。

■2022年WRC世界ラリー選手権第13戦ラリージャパン2022暫定結果 SS6後
Pos.No.DriverMachineGap133E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー112'18.9211T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー1+0.3369K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+1.748O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+1.8518勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+2.2644G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+6.2723S.パヤリ(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2+27.5822T.スニネン(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+31.3921E.リンドホルム(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+32.5101S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+42.5R6D.ソルドヒョンデi20 Nラリー1SF2R42C.ブリーンフォード・プーマ・ラリー1SF4
※リザルトは編集部集計