FIM(国際モーターサイクリズム連盟)は11月8日、2023年シーズンにおけるスーパーバイク世界選手権(SBK)の暫定カレンダーを発表した。

 2022年のSBK開催ラウンド数は例年から1戦少なく、2022年と同じ全12戦。オーストラリアが第1戦に戻り、2月末に開幕する。そこからインドネシアのマンダリカ、1カ月ほど空きオランダのアッセン、スペインのカタルーニャ、イタリアのミサノ、イギリスのドニントンパーク、チェコのモストと7月末まで前半戦が行われる。

 後半戦は9月から開催され、フランスのマニクール、スペインのアラゴン、ポルトガルのアルガルベ、アルゼンチンのサン・ファン・ビリクムと11戦は日程と開催地が決定しているが、残りの1戦は日程と開催地ともに未定となる。

 スーパースポーツ世界選手権(WSS)も全戦開催される予定だが、スーパースポーツ300世界選手権(WSS300)はオーストラリア、インドネシア、イギリス、アルゼンチンは開催されない。

 2023年シーズン開幕前のオフィシャルテストは、オーストラリアのフィリップアイランドで3クラスともに2月20〜21日に行われる予定だ。

 また、チェコラウンドが開催される7月30日は鈴鹿8時間耐久ロードレースも行われるため、来年の鈴鹿8耐にSBKライダーが出場することは叶わないだろう。

 2023年シーズンのSBK暫定カレンダーは以下の通り。

■2023年SBK暫定カレンダー(2022年11月8日発表時点)
Round開催地サーキット日程第1戦オーストラリアフィリップ・アイランド・サーキット2月24〜26日第2戦インドネシアマンダリカ・インターナショナル・ストリート・サーキット3月3〜5日第3戦オランダTT・サーキット・アッセン4月21〜23日第4戦スペイン(カタルーニャ)カタロニア・サーキット5月5〜7日第5戦エミリア・ロマーニャミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ6月2〜4日第6戦イギリスドニントン・パーク6月30〜7月2日第7戦チェコオートドローム・モスト7月28〜30日第8戦フランスマニクール・サーキット9月8〜10日第9戦スペイン(アラゴン)モーターランド・アラゴン9月22〜24日第10戦ポルトガルアウトドローモ・インターナショナル・アルガルベ9月29〜10月1日第11戦アルゼンチンサーキット・サンファン・ビリクム10月13〜15日第12戦TBATBATBA