アルファタウリの角田裕毅は、今週末の2022年F1第21戦ブラジルGPに向け、いつも通りに予選Q3進出と入賞を目指し、いい週末にできると確信していると語った。

 前戦メキシコの決勝レースでは13番手からスタートし、順調にポジションを上げていった角田。しかし後方からプッシュしてきたダニエル・リカルド(マクラーレン)との接触によりダメージを負い、リタイアでレースを終えた。

「メキシコに続いて、ブラジルではいい気分でレースをするつもりです。メキシコではリタイアしましたが、全体的にはポジティブな週末でした。FP1ではリアム(・ローソン)が僕のマシンをドライブしたので、コースに素早く適応しなければなりませんでした。FP2からは自分のペースを出して、予選に備えようと素早く適応できました。Q3には進めませんでしたが」

「レースでは、衝突するまでは、タイヤマネジメントの点でこれまでで最高のレースだったと思います。あのような終わり方は残念でした」

 2022年シーズンも残るレースは2戦となり、今週末はインテルラゴスでのレースだ。昨年に続き今年もスプリントが行われることになっており、FP1の後はすぐに予選を迎える。角田はシミュレーターでインテルラゴスを走行した感触についてバンピーだと感じたというが、タフなコースで戦うための体力も十分だと語った。

「昨年は僕にとって初めてのインテルラゴスで、忙しい週末でした。コースを走るのは初めてでしたが、今年と同様にスプリントイベントがあったため、金曜日のフリー走行が1回しかなかったのです。それでもかなりはやくコースを理解することができたと思います」

「今年は何が期待できるか分かっていますし、最近シミュレーターでまた走行したので、もっと簡単にいくでしょう。そういうわけで、いつものようにQ3進出とポイント獲得を目指し、序盤のラップからペースを出していい週末にできると確信しています」

「シミュレーターで感じたのは、コースがとてもバンピーだということです。どれだけひどいバンプか興味があります。特にブレーキングゾーンでは、バンプがあるとトリッキーになります。その点では難しいと思いますが、それ以外はすべて大丈夫です!」

「ここは左回りのコースですが、昨年の記憶では身体的に特に首にかなりの負担がかかりました。そうした面ではシーズンで最もタフなレースのひとつであることは間違いないですが、僕にはそれに対処する十分な体力があります」