2022年F1第21戦ブラジルGPのフリー走行1回目が行われ、セルジオ・ペレス(レッドブル)がトップタイムをマークした。2番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、3番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)となっている。角田裕毅(アルファタウリ)は19番手だった。

 ブラジルGPは、第4戦エミリア・ロマーニャGP、第11戦オーストリアGPに続いて、今季3回目のスプリントが開催される。初日に予選が行われ、それ以降はマシンがパルクフェルメに入るため、セッティングを煮詰めるのはこのFP1の60分のみとなる。

 FP1の始まる現地時間午後12時30分の時点で、インテルラゴスは快晴。気温24.9度、路面温度は49度まで上がっている。初日金曜日を含め、週末の降水確率は40〜60%と比較的高い。サーキットの位置するサンパウロ郊外は、予報にかかわらず局地的な雨が降ることで有名だ。

 セッション開始直後から、20台が一斉にピットから出て行く。タイヤは、ミディアムとハードが混在している。コース幅の狭いオールドサーキットだけに、前のクルマに詰まってコースオフする光景があちこちで見られた。路面グリップもかなり低く、フェルスタッペンが「全然曲がらない」と、盛んに訴えている。とはいえハードで1分13秒575のトップタイム。ミディアムのバルテリ・ボッタス(アルファロメオ)が、コンマ2秒差で続く。

 開始後26分、ペレスが最初にソフトタイヤを履き、1分11秒853と大幅にタイムを縮めてトップに立った。少し遅れてフェルスタッペンもソフトで出て行くが、やはりフロントの回頭性に納得いかないようで、ペレスのタイムを上回れない。ただし両者の差は1000分の8秒しかない。

 終盤にはフェラーリ勢もソフトを履き、ルクレールがペレスから1000分の4秒差の2番手に。カルロス・サインツはフェルスタッペンに0.178秒及ばず4番手に留まった。メルセデスはインテルラゴスを得意としてきたが、ルイス・ハミルトンがリヤのグリップ不足を訴えて、首位ペレスから0.187秒落ちの5番手、ジョージ・ラッセルも6番手にとどまった。

 7番手セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)、そして来季のシート喪失が噂されるミック・シューマッハー(ハース)が8番手につけた。9番手ボッタス、10番手ピエール・ガスリー(アルファタウリ)。角田も多くのドライバー同様グリップ不足に手こずり、19番手だった。