フェラーリのカルロス・サインツは、2022年F1第21戦ブラジルGPにおいて、今シーズン6基目となるICEを投入した。そのため、日曜日の決勝レースで5グリッド降格ペナルティを受けることになる。

 前戦メキシコGPを5位で終えたサインツ。ブラジルGPでは、FP1開始後にICEの投入が明らかになったが、サインツはそのFP1で30周を走り4番手で終えている。サインツは新しいICEに加え、エキゾーストも8基目を投入したが、エキゾーストは年間8基までの使用が許されており、こちらはペナルティの対象外となる。

 またアルファロメオのバルテリ・ボッタスと周冠宇も8基目のエキゾーストを投入しているが、彼らも同様にペナルティの対象外だ。

 この週末は今シーズン3回目のスプリントが実施されることになっており、この後日本時間12日午前4時から予選が行われる。スプリントは日本時間13日午前4時半から、決勝レースは日本時間14日午前3時からの予定だ。