2022年F1第21戦ブラジルGPの予選が行われ、ハースのケビン・マグヌッセンがキャリア初のポールポジションを獲得した。今回のポールポジションは、ハースF1チームにとっても初となる。予選2番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3番手はジョージ・ラッセル(メルセデス)となっている。角田裕毅(アルファタウリ)は19番手だった。

 2時間前に終了したFP1は晴天に恵まれたが、その後急速に天候は悪化。弱い降雨が、何度か訪れた。現地時間午後4時からの予選は、気温19.2度、路面温度26.9度、天候曇りというコンディションで始まった。路面はうっすらと濡れており、各車インターミディエイトタイヤで出て行った。フェラーリ陣営は、「10分後に再び雨」と、ふたりのドライバーに告げている。その予報通りなら、降雨までに勝負が決まることになる。

 まずはシャルル・ルクレール(フェラーリ)が、1分18秒723でトップに。カルロス・サインツ(フェラーリ)、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)、バルテリ・ボッタス(アルファロメオ)、ラッセル、そして角田が続いた。ルイス・ハミルトン(メルセデス)は12番手止まりだ。

 開始後7分に、フェルスタッペンが1分18秒495で首位に立った。全20台がコースに出て、かなり混み合っている。最後にコースインしたフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)が、1分18秒412で首位を奪った。「乾いているところと濡れてるところが混じってて、(レイン)タイヤがすぐにダメになる」と、この時点で7番手のランド・ノリス(マクラーレン)が訴える。

 残り7分で、ガスリーが真っ先にソフトタイヤに履き替えるギャンブルに出た。ウイリアムズの2台、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)、ダニエル・リカルド(マクラーレン)も続く。そしてガスリーが区間最速を更新しながら、1分17秒626のトップタイムを叩き出した。残り3分までには、全車がソフトを装着。上位の順位が、目まぐるしく入れ替わる展開となった。

 最終的にQ1最速は、1分13秒106のノリス。2番手ハミルトン、3番手アロンソ、4番手ベッテル、5番手セルジオ・ペレス(レッドブル)、6番手フェルスタッペン、7番手マグヌッセン、8番手アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)、9番手ガスリー、10番手ランス・ストロール(アストンマーティン)。フェラーリ勢はタイヤ交換のタイミングが遅く、さらに渋滞にはまったこともあって、ルクレール12番手、サインツ14番手で、からくもQ2に進んだ。

 Q1落ちはニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)、周冠宇(アルファロメオ)、ボッタス、角田、ミック・シューマッハー(ハース)だった。

 Q2は全15台が、開始後すぐにソフトでコースイン。降雨の前に、ドライタイヤでタイムを出しておこうということだ。Q1最速のノリスが、Q2でもフェルスタッペンを0.099秒しのいでトップに立った。ガスリー3番手、アロンソ、ルクレール、アルボンが続く。

 開始後5分、「ターン4で、バイザーに雨粒が」とエステバン・オコン(アルピーヌ)。南東から、雨が降り出したようだ。それでもフェルスタッペンは1分11秒318で、首位の座を奪った。雨が降り始めるなか、メルセデス勢はラッセル13番手、ハミルトン15番手。2台揃ってQ2落ちかと思われたが、3、4番手のタイムを叩き出した。

 ちょい濡れのコンディションのなか、フェルスタッペンが1分10秒881と最速タイムを更新。このセッションをトップで終えた。2番手サインツ、3番手ルクレール、4番手ラッセル、5番手ノリス、6番手アロンソ、7番手マグヌッセン、8番手ペレス、9番手ハミルトン、10番手オコン。Q2落ちはアルボン、ガスリー、ベッテル、リカルド、ストロールだった。

 Q3は9台がソフト、なぜかルクレールだけはインターで出て行った。その思いはルクレール本人が一番感じているようで、「僕だけインターなの?」と問いかけた。明らかにペースが遅く、アタックしないままピットへ。すぐにソフトに履き替えた。

 開始後4分、ラッセルが3番手タイムを出した直後にターン4でコースオフ。セッションは赤旗中断となった。この時点で暫定ポールはマグヌッセン。出遅れたルクレールはタイムが出せず、最下位10番手だ。

 16時59分にセッション再開されたが、雨足は強くなっている。ペレスだけが、インターを履いて出て行った。そのペレスもアタックしないまま、ピットに戻った。雨は止まず、セッションはこのまま終了。マグヌッセン、そしてハースの初ポールポジションが確定した瞬間、ハースのガレージ内で歓喜が爆発した。

 2番手フェルスタッペン、3番手ラッセル、4番手ノリス、5番手サインツ、6番手オコン、7番手アロンソ、8番手ハミルトン、9番手ペレス。そして10番手が、ノータイムのルクレールだった。