11月11日(金)、バーレーンのバーレーン・インターナショナル・サーキットでWEC世界耐久選手権の2022年第6戦『バーレーン8時間レース』の予選が行われ、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)の8号車GR010ハイブリッドを駆るブレンドン・ハートレーがポールポジションを獲得した。

 前日33歳の誕生日を迎えたばかりのハートレーが8号車のアタックを担当し、1分46秒800という驚異的なタイムで、2番手に0秒810もの大差をつけてポールポジションを獲得。ハートレーとともに8号車を駆るセバスチャン・ブエミと平川亮は、ドライバーズ選手権を争うアルピーヌと同ポイントで今季最終戦バーレーンへと乗り込んできたが、このポールポジション獲得による貴重な1点を追加し、決勝に臨むことになった。

 マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス組7号車はコンウェイがアタックを担当し、トップから0秒938遅れの3番手となった。2台の間には93号車プジョー9X8が割って入る形となっている。

 ハイパーカーとLMP2クラスの車両が走行する10分間の予選セッションは、日没後の17時10分から開始された。

 7号車のコンウェイはスタート前からピットレーンに並んで待機し、セッション開始と同時に他の車両とともにコースイン。一方、8号車のハートレーはセッションがスタートしてもガレージ内で待機し、最初にコースインした車両のトラフィックを避けるタイミングでニュータイヤを装着、アタックへと向かった。

 7号車のコンウェイは計測2周目にベストタイムをマーク。ほぼ1周遅れてのアタックに入った8号車のハートレーは、温められたニュータイヤのグリップを最大限に引き出し、他車を大きく上回るペースでトップへ浮上した。このタイムは最後まで更新されることはなく、チームにとって今季3度目となるポールポジションを獲得することとなった。

 8時間の決勝レースは、12日土曜日の現地時間14時(日本時間20時)にスタートが切られる。TGRは今季4勝目、そして4年連続となるWECでのダブルタイトル(ドライバー&マニュファクチャラー)を目指し、この決勝レースに臨むことになる。

 チーム代表、および予選アタックを担当したふたりのドライバーのコメントは、以下のとおり。

■小林可夢偉(チーム代表兼7号車ドライバー)
「ブレンドンが素晴らしい走りで、本当に良いアタックをしてくれました。チームは懸命な努力で、苦戦した練習走行時の状況から立ち直り、予選へ向けてとても強い2台のGR010ハイブリッドを仕上げてくれました」

「あとは決勝レースでドライバーが最後まで走り抜くだけです。チームを信頼し、力を合わせてクリーンなレースを戦います。目標はワン・ツー・フィニッシュですが、最も重要なのは両タイトル獲得です」

「耐久レースでは何が起こるかわかりませんし、トラフィックの処理などを含め常にリスクと隣り合わせですが、我々はいつもその中で最大限のパフォーマンスを発揮すべく挑戦を続けていて、この最後の仕事を完遂し、世界チャンピオンとしてシーズンを締めくくるべく一致団結しています」

「この週末は、WECでの今季最終戦と同時に、WRC(世界ラリー選手権)の最終戦も行われています。我々WECチームは、TOYOTA GAZOO Racing WRT(ワールドラリーチーム)が地元ファンの皆様の前で戦っているラリージャパンの成功も祈っています」

■「結果として判断ミスだった」と7号車コンウェイ
■マイク・コンウェイ(7号車)
「我々は予選でコースインするまでに、ピットレーンでの待機時間がやや長くなりすぎてタイヤが冷えてしまい、最初のアタックラップでは充分な温度まで上げきれなかった」

「2周目でタイムを更新することはできたが、時すでに遅く、タイヤが最もパフォーマンスを発揮できる1周目を逃してしまった。結果として判断ミスだった」

「ブレンドンと8号車へ祝福を送る。彼らがポールポジションによる1ポイントを獲得したことで、決勝レースへ向けて少しだが有利になった」

「昨日は難しい一日だったが、今日は良い進歩を遂げて、決勝でのレースペースに関しては、臨んでいたレベルにかなり近づいたと思う。決勝レースで勝つためにも、今夜もいくつか調整をする必要がある。レースは8時間と長いが、8号車のチャンピオン獲得も念頭に置いて全力で戦う」

■ブレンドン・ハートレー(8号車)
「ポールポジションが獲得でき、加えてポイントも得られたので最高の気分だ」

「僕にとってベストアタックのひとつとなった。グリップは練習走行の時よりもとても向上しており、タイヤも完璧に機能して、すべてがうまく行った。フィニッシュラインを越えたときに、なかなか良いタイムになるだろうということは分かっていたが、2番手とのタイム差を聞いたときはとても嬉しかった」

「この週末、我々の側から見ると決して順調ではなく、今朝の練習走行でも苦戦していた。7号車は異なる方向性でセットアップを進めており、彼らの方が順調だったので、彼らのセットアップを参考にした。正しい方向性を見出してくれた彼らと、チームにとても感謝している」

「予選での結果は我々が圧倒する形となったが、これが今の実力を正確に反映しているとは思っていないし、明日の決勝レースは我々TGRとプジョー、アルピーヌの間での接戦になると予想している」