11月12日、WRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』デイ3午前のループ、SS8〜10が行われ、前日に総合首位に立ったエルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)がトップを守っている。

 波乱に満ちたデイ2から一夜明け、12年ぶり開催となっているラリージャパンは競技3日目に突入。デイ3も、7時過ぎという朝早い時間帯からステージが開始された。

 オープニングとなったSS8“Nukata Forest 1”では、前日のデイ2で総合トップに躍り出たエバンスがベストタイムを記録。総合2番手で同ステージに入ったティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)が2番手となったことで、両者のギャップが3秒から5.9秒に拡大した。

 SS9“Lake Mikawako 1”、SS10“Shinshiro City”でも優勝争いを続ける2名のバトルは続き、SS9ではヌービルがセバスチャン・オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)に次ぐステージ2番手、エバンスはライバルから1.2秒差遅れギャップが4.7秒に縮まる。

 しかし、午前のループ最後のステージとなったSS10ではエバンスがやり返し1.8秒を奪い返すことに成功。ミッドデイサービス入り前の段階で、その差は6.5秒となっている。

「それほど悪くはなかった」とSS10の走行を振り返った語ったエバンス。

「このようなラリーではちょうど良いバランスにするのが難しいものだけど、うまくいっているようだ。午後はどうなるかな」

優勝争いを続ける2台の約20秒後方では、ヒョンデのオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)が3番手に順位を上げ、表彰台圏内につけている。

 日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)も順位をひとつ上げて総合4番手に。SS9では土手に乗り上げるシーンもあった勝田だが、SS10ではタナク、オジエに次ぐステージ3番手タイムを記録。午前のループ終了時点で3番手タナクとのギャップは18.7秒だ。

 総合5番手は、デイ2で駆動系トラブルに見舞われたガス・グリーンスミス(フォード・プーマ・ラリー1)。総合6番手には同じく2日目にパンクを喫してタイムを失ったオジエがつけている。ともに首位とのタイム差は2分40秒以上だ。

 この日のドラマは朝一番のSS2で発生した。総合3番手でデイ3を迎えたカッレ・ロバンペラ(トヨタGRヤリス・ラリー1)がステージ序盤に左コーナーを曲がりきれずウォールにヒット。この影響でタイヤを交換することになり2分30秒以上遅れてしまう。さらに、ダメージが足回りに及んでいたようで続くSS9では約20秒、SS10は1分以上タイムを失い、これにTC延着ペナルティの1分も加わったことでトップから5分以上遅れている。

 デイ3午後はSS11“Nukata Forest 2”、SS12“Lake Mikawako 2”という午前の再走ステージと、岡崎市でのスーパーSS“Okazaki City(SS13/SS14)”が行わえる予定だ。