11月12日、WRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』の競技3日目が、愛知県豊田市を中心に開催され、総合2番手につけていたヒョンデ・シェル・モビスのティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)が総合首位に浮上した。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)も前日の5番手から4番手に順位を上げている。

■2022年WRC世界ラリー選手権第13戦ラリージャパン暫定結果 SS14後
Pos.No.DriverMachineGap111T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー11h51'28.3233E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+0'04.038O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+0'39.9418勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+1'04.551S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+2'46.7644G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+3'25.4721E.リンドホルム(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+4'54.1823S.パヤリ(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+5'41.7924G.ミュンスター(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+5'54.31022T.スニネン(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+5'56.51169K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+6'41.7