2023シーズン、ポルシェ963でWEC世界耐久選手権に参戦する『ハーツ・チーム・JOTA』のドライバーラインアップのひとり目として、イーフェイ・イェが発表された。22歳の中国人ドライバーは、イギリス籍のJOTAがオペレートするカスタマー・ポルシェ963のステアリングを握り、WECのトップカテゴリーにデビューすることになる。

 11月12日、上海で行われたポルシェモータースポーツ・アジアパシフィック・ナイト・オブ・チャンピオンズのセレモニーにおいて、レンタカー会社『ハーツ(Hertz)』がサポートするチームに、イェが加わることが明らかにされた。

 ルノー・スポール・アカデミーを含むジュニア・シングルシーターでキャリアを積んだイェは、昨年スポーツカーに参入し、チームWRTでELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズのLMP2タイトルを、Gドライブ・レーシングでアジアン・ル・マン・シリーズのタイトルを獲得している。

 2021年のル・マン24時間レースでは、WRTのコ・ドライバーとともにクラス優勝に近づいたが、最終ラップでオレカ07・ギブソンがストップし、惜しくも優勝を逃した。

 昨年末にポルシェモータースポーツ・アジアパシフィックと契約した際、イェはポルシェのLMDhマシンに乗るという野望を語っていたが、それが実現することになる。

「ちょうど1年前にポルシェモータースポーツ・アジアパシフィック選抜ドライバーとして発表されたが、今度は2023年にハーツ・チーム・JOTAに参加し、ポルシェ963でレースに参加することになった」とイェは述べている。

「ル・マンでポルシェに乗って総合優勝を争えるなんて、夢のような話だ」

「耐久レースで成功しているチームなので、トップで戦うチャンスは充分にあると思う。このチャレンジにとても興奮しているし、始めるのが待ちきれないよ」

「これを実現してくれたポルシェモータースポーツ・アジアパシフィックとポルシェモータースポーツに大きな感謝を捧げる」

 来季のJOTAのドライバーのひとりに選ばれたことに加え、イェは2年目のポルシェモータースポーツ・アジアパシフィック選抜ドライバーになることも決定した。

 選抜ドライバーとして1年目の今季、イェはハーバース・モータースポーツのポルシェ911 GT3 Rでアジアン・ル・マン・シリーズに参戦したほか、クール・レーシングのELMSプログラムにも参加している。

 ポルシェモータースポーツ・アジアパシフィックのマネージングディレクターであるアレクサンドル・ジボーは、「イーフェイは、我々との最初の年をとてもポジティブに過ごしており、来シーズンのWECではポルシェ963でさらなる成功を収めることができると確信している」と述べている。

「イーフェイのLMDhクラスへの転向は、ドライバーのモータースポーツへのステップアップを支援するという我々の目標にも合致しており、シーズンの開始が待ち遠しい」

 LMP2クラスの経験豊富なJOTAは来季、ハイパーカークラスにポルシェ963を1台、LMP2クラスにオレカ07・ギブソンを1台投入する予定だ。

 2023年のWECハイパーカークラスでは、4台のポルシェ963が走る予定だ。ポルシェ・ペンスキー・モータースポーツが2台のファクトリー963を走らせるほか、プロトン・コンペティションが1台のカスタマーカーで参戦。これにJOTAが1台を加える形となる。