11月13日(日)、WRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』は、SS15 “Asahi Kougen”から競技最終日のデイ4がスタートした。現在のラリーリーダーは、前日から変わらずティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)だが、SS16 “Ena City 1”を終えた段階で日本の勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)が総合3番手に浮上した。

 曇り空のなか、朝8時過ぎに開始されたSS15では、前日のデイ3を首位と3秒差の総合2番手で終えたエルフィン・エバンス(トヨタGRヤリス・ラリー1)がベストタイムをマーク。トップを行くヌービルとのギャップを0.6秒に縮めプレッシャーをかける。

 しかし、続くSS16でエバンスに悲劇が。なんと、タイヤトラブルに見舞われステージ上でのホイール交換を余儀なくされてしまう。この影響でエバンスは1分40秒以上タイムを失い順位を総合4番手まで落とすこととなった。

 一方、エバンスの脱落によりヌービルは1分以上のセーフティマージンを獲得。また、総合3番手につけていたオット・タナク(ヒョンデi20 Nラリー1)は同2番手に順位を上げ、ヒョンデ勢がワン・ツー体制を築いた。

 前日から4番手につけている勝田も順位がひとつ上がり、総合3番手に浮上。母国ラリーでの表彰台獲得に近づいている。SS16終了時点で、4番手エバンスと勝田のギャップは13.9秒となった。
 
 ラリー最終日の折り返しポイントとなるSS17 “Nenoue Plateau”は、セバスチャン・オジエ(トヨタGRヤリス・ラリー1)がトップタイムをマークし、エバンスと勝田がこれに続くリザルトに。勝田はエバンスにわずかながら差を詰められたが、依然として13.5秒のリードがある。

 WRC日本ラウンド『ラリージャパン』最終日に残るステージはふたつ、SS18 “Ena City 2”とSS19 “Asahi Kougen Wolf Power Stage”だ。前者は11時48分から、最終パワーステージは14時18分スタート予定となっている。

■2022年WRC世界ラリー選手権第13戦ラリージャパン暫定結果 SS17後
Pos.No.DriverMachineGap111T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー12h19'53.128O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+1'05.6318勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+1'30.3433E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+1'43.851S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+2'40.1644G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+4'06.2721E.リンドホルム(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+6'35.7823S.パヤリ(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+7'03.6969K.ロバンペラトヨタGRヤリス・ラリー1+7'08.51024G.ミュンスター(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+7'32.0
※リザルトは編集部集計