11月13日(日)、WRC世界ラリー選手権第13戦『フォーラムエイト・ラリージャパン2022』の競技最終日、デイ4のSS15〜19が行われ、ヒョンデ・シェル・モビスWRTのティエリー・ヌービル(ヒョンデi20 Nラリー1)が総合優勝を飾った。日本人WRCドライバーの勝田貴元(トヨタGRヤリス・ラリー1)は初のWRC母国戦で3位表彰台を獲得している。

■2022年WRC世界ラリー選手権第13戦ラリージャパン暫定結果 SS19後
Pos.No.DriverMachineGap111T.ヌービルヒョンデi20 Nラリー12h43'52.328O.タナクヒョンデi20 Nラリー1+1'11.1318勝田貴元トヨタGRヤリス・ラリー1+2'11.341S.オジエトヨタGRヤリス・ラリー1+2'23.6533E.エバンストヨタGRヤリス・ラリー1+4'05.1644G.グリーンスミスフォード・プーマ・ラリー1+4'07.4724G.ミュンスター(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+7'50.8822T.スニネン(WRC2)ヒョンデi20 Nラリー2+8'12.4921E.リンドホルム(WRC2)シュコダ・ファビア・ラリー2エボ+8'25.61029H.コバライネン(WRC2)シュコダ・ファビアR5+8'59.8
※リザルトは編集部集計