南半球を代表するツーリングカー選手権RSCレプコ・スーパーカー・チャンピオンシップで、来季2023年に投入される新車両規定“Gen3”に則して、新たに製作された第7世代『フォード・マスタング・スーパーカー』と『シボレー・カマロZL1スーパーカー』が、シリーズが実施するVCAT(Vehicle Control Aerodynamic Testing)と呼ばれるストレートラインでの空力計測テストを敢行。無事に5日間のプログラムを終えている。

 9月14日に世界初公開された量産モデルの“第7世代”刷新に合わせ、最新フェイスを採用することがアナウンスされたGen3マスタングだが、この10月6〜9日に開催されたシリーズの祭典『レプコ・バサースト1000』で世界初公開されるまでは、旧型となる“S550”のエクステリアで新規定Gen3の開発テストを続けてきた。

 オーストラリア大陸を代表する“聖地”マウントパノラマのイベント会場にて、世界に先駆け「現実に存在する第7世代ベース初のレーシングカー」としてアンベイルされた同車は、バサースト終了後の11月7〜11日にかけてクイーンズランド州内陸部の都市トゥーンバに位置するウエルキャンプ空港に運び込まれ、同じく2023年にはブランド消滅で勇退するホールデンに代わり、新たに戦線投入される『シボレー・カマロZL1スーパーカー』とともに「空気力学的同等性を測定する」テストが実施された。

「このGen3規定マスタングとカマロの両プロトタイプは、今季2022年を通じて1万kmを超える大規模なテストプログラムを完了している。すでに(共通シャシーのデリバリーを受けた)各チームが独自のレースカーを構築し始めているため、クルマは現在フルタイムのドライバー全員を帯同して、いくつかの異なるサーキットや滑走路に運ばれ、走り始めているんだ」と語るのは、シリーズのモータースポーツ部門を統括するエイドリアン・バージェス。

「もちろん我々のホモロゲーション認証作業を前に、この地方での天気予報は有望に見えるし、このVCATで必要なことを達成できると確信しているよ」と、テスト前にその展望を明かしていたバージェス。

■連日午前6時から走行を開始

 このGen3共通パイプフレームシャシーを製造するペース・イノベーションズは、この8月よりブラッド・ジョーンズ・レーシング(BJR)へ初期納入したのを皮切りに、他の9つのチームにも順次デリバリーを進めている段階だが、7日の月曜からはポルシェ・カレラカップ・オーストラリアに参戦するベイリー・ホールとジェイソン・ルートリーが2台のステアリングを握って包括的なVCATテストが開始された。

 この6月には、すでに同じ会場で予備的なVCATテストが先行開催されていたが、その際にフォード陣営のホモロゲーション登録を担当するディック・ジョンソン・レーシング(DJR)は、旧型となるS550ボディで参加していた。つまり新型S650でのテストは今回が初であり、フォードとシボレーの両陣営が揃っての同一機会、同一条件での計測も初となった。

 その前回データが「プロセスを再確認するのに役立った」というシリーズの技術スタッフらは、風の状況がもっとも良好な状態にあることを考慮し連日午前6時から走行を開始すると、各速度域でのダウンフォース発生量とドラッグ(抵抗係数)を、アクティブなライドハイト・コントロールシステムなど使用し、さまざまな車高とセットアップで測定していった。これら収集されたデータを基に各数値が処理され、最終的なエアロパッケージの仕様が承認されることになる。

「これまででもっとも包括的な新方式のVCATテストは、D2Hアドバンスド・テクノロジーズによって考案された非常に徹底したプロセスであり、今回の日程で実に1600kmを超えるランニングマイレージを消化し、同等の結果を達成した」と、5日間のテストを評価したバージェス。

「こうしたテストを敢行する目的は、究極的には平等と接戦を達成しようとすることに尽きる。スーパーカーとふたつのホモロゲーションチーム(DJRとトリプルエイト・レースエンジニアリング)は懸命かつ緊密に協力しているし、我々はすべてのプロセスと要件を確認することができた。ここから完全な検証と報告を行う予定だ」

 今後、シリーズのテクニカルセンターではクルマのスキャンと測定を含むさらなる作業が行われ、オフの期間にGen3車両でテストを実施する全チームにテスト解禁日とスケジュールを通達。12月初旬のアデレード市街地でシーズン最終戦を終えた各陣営は、2023年3月10〜12日の『ニューキャッスル500』で新時代幕開けの日を迎える。