2022年F1ブラジルGP決勝で、アルピーヌのフェルナンド・アロンソは5位、エステバン・オコンは8位で、ダブル入賞を果たした。コンストラクターズ選手権4位を争うライバル、マクラーレンが決勝で2台ともリタイアしたことで、アルピーヌはその差を19ポイントに拡大、ランキング4位獲得に向けて非常に有利な立場に立った。

■フェルナンド・アロンソ(BWTアルピーヌF1チーム)
決勝=5位
17番グリッド/タイヤ:ミディアム→ミディアム→ミディアム→ソフト

 ここサンパウロで、とてもいいレースができた。マシンの競争力はきわめて高かったし、僕らが採ったレース戦略により、他の多くのドライバーとはシンク(ピットストップのタイミング)が違っていた。そして終盤のセーフティカーピリオドの間に、よりフレッシュなタイヤに交換してプッシュし、これ以上は無理というところまで上位に迫ることができた。セルジオ(・ペレス)を抜いたあと、シャルル(・ルクレール)も狙っていたが、フェラーリは格段に速くてオーバーテイクはできなかった。

 昨日(のスプリントで)はエステバンと接触するという失敗を犯したので、今日はチームのためにベストを尽くし、激しく戦った。アブダビへ向かうにあたって、この得点はどうしても欲しいものだった。このチームで走るのもあと1戦になり、その最後のレースのことだけを考えている。


■エステバン・オコン(BWTアルピーヌF1チーム)
決勝=8位
16番グリッド/タイヤ:ソフト→ミディアム→ソフト

 チームにとって素晴らしい成績で、自分のレースにも心から満足している。2台が戦略を分けて戦い、それを最大限に生かした結果、シーズンの最終戦を前にして14点を獲得できた。スタートした位置を考えると、フェルナンドも僕もいいリカバリーをしたと思う。チームの巧みなレース運びのおかげだよ。

 昨日はみんなをガッカリさせてしまったから、レースでは最善の結果を出さなければと思っていたし、実際にそうすることができた。シーズンはまだ終わったわけではなく、あと1戦残っている。アブダビでチェッカードフラッグを受けるまで、全力でプッシュするつもりだ。