11月17日、マツダは同社の小型オープンスポーツカー『マツダ・ロードスター(ソフトトップモデル)』ならびに『マツダ・ロードスターRF(リトラクタブルハードトップモデル)』を一部商品改良するとともに、特別仕様車『Brown Top(ブラウン・トップ)』を追加し、同日から予約受付を開始、12月中旬に発売することを発表した。

 1989年に初代モデルとなるNA型がデビューして以来、現行モデルとなるND型の4代にわたって、ユーザーの期待を超える走りの楽しさ、そしてクルマを楽しむ文化の発展のために、継続して進化を続けてきたマツダ・ロードスター。

 今回の商品改良では『人生を楽しもうー“Joy of the Moment, Joy of Life”(ジョイオブザモメント、ジョイオブライフ)』という4代目ロードスターのコンセプトをさらに深めることを目指し、特別仕様車であるブラウン・トップと、新たなボディカラーが追加された。

 Sレザー・パッケージをベースにされた特別仕様車のブラウン・トップは、ソフトトップに品のあるブラウンの幌と、インテリアにテラコッタのナッパレザーシートや専用のドアトリム/インパネデコレーションパネルを組み合わせることにより、リッチな雰囲気や、品を感じられるカラーコーディネーションとなっている。

 また、ソフトトップモデルとリトラクタブルハードトップモデルともに、ロードスターの新たな世界観を感じさせる新カラーリングとして“ジルコンサンドメタリック”も追加された。このカラーは、今までにない新たなロードスターのスポーティさを表現するとともに、これまでのボディカラーとは異なる雰囲気と個性を感じさせてくれるという。

 特別仕様車“ブラウン・トップ”や新カラーリングの追加など、進化を続けるマツダ・ロードスターのメーカー希望小売価格は268万9500円〜342万2100円。そしてロードスターRFの価格は352万7700円〜398万8600円(いずれも消費税込み)となっている。詳細についてはマツダの公式ホームページ(https://www.mazda.co.jp/cars/roadster)まで。