11月17日、ホンダは美しいデザインと意のままの走りを兼ね備えた新型SUV『ZR-V(ゼットアールブイ)』を2023年4月21日に発売すると発表した。

 ZR-Vは、SUVの実用性と、最新の安全装備と衝突安全性能が生み出す信頼感に加え、異彩を放つ存在感のあるデザイン、そして爽快かつ快適な走りを高次元で兼ね備えることを目指し開発された新価値SUVモデルだ。

 そのZR-Vの開発コンセプトは『異彩解放』とされ、ドライバーがクルマを自在に操ることで自信と余裕を持ち、自分らしさを解放して新たな行動を起こしてほしい、という想いが込められてる。

 注目のエクステリアデザインは、フロントからリヤにかけてボリューム豊かで滑らかな面が特徴の流麗なプロポーションとされ、フロントは周囲の形状と連続性を持たせた垂直のバーチカルグリルと、横長でシャープなヘッドライトにより上質さと凛々しさを表現。ボディの下まわりにボリュームを持たせつつ、上に向かってなめらかに絞り込むことでワイドトレッドを強調したリヤデザインも組み合わされ、存在感のあるデザインに仕上がっている。

 インテリアでは左右に広がるインストルメントパネルを採用し、細部の部品の仕立ても機能的で緻密な仕上げとし、造形の美しさを際立たせることで、上質な室内空間を実現している。また、ヒールポイントからヒップポイントの高低差を小さくすることで、クルマとの一体感を高めたドライビングポジションも実現した。

 さらにパッケージング面では、運転のしやすさに寄与する爽快な視界を徹底追及。視線移動時の、流れを乱さない、流れを切らない、挙動変化をつかみやすくするという3点をポイントに、自車の向きや車両感覚を把握しやすい基調線をクルマの内外に用いるなど、運転のしやすさにつながる工夫も施されている。

 ハイブリッドモデルのパワートレインには、同社のシビックe:HEVで新開発された2リッターの直噴エンジンと2モーター内蔵電気式CVT『スポーツe:HEV』をSUVに初搭載。従来よりもハードと制御ソフトの両面で進化を果たし、燃費や排出ガス性能、静粛性を向上させるとともに、ワンランク上のエンジンに匹敵する力強い加速も感じることができるという。

 一方のガソリンモデルには、1.5リッター直噴VTEC TURBOエンジン+CVTが採用された。こちらは2.4リッターエンジンに匹敵する低速トルクがもたらす力強い加速と、高回転までよどみなくパワーが増大するリニアな出力特性を実現したとのことだ。

 また、ハイブリッドモデル、ガソリンモデルともにリアルタイムAWDが全タイプに設定。さらにシーンによってドライブモードを選択することができ、ZR-Vにはスポーツ、ノーマル、エコ、スノーといった4つのドライブモードも搭載され、このうちのスノーモードは国内のホンダSUVにとって初採用となる。

 そしてZR-VはSUVということもあり、ユーザーのさまざまなニーズに応えられるユーティリティーや多彩な収納スペースも用意され、全タイプにパワーテールゲートが標準装備に。さらにはホンダ独自の安全運転支援システムであるホンダ・センシングも、広角カメラと高速画像処理チップにより対象物の検知精度を高める改良などが行われた。

 そのほかにも、ドア内側サイドに波形の幾何学模様を施した“デジタル造形デザイン”を国内ホンダ車として初採用し、統一感あるデザイン性と傷が目立ちにくい機能性も兼ね備えているZR-V。消費税込みのメーカー希望小売価格はe:HEVモデルが329万8900円〜411万9500円、ガソリンモデルが294万9100円〜376万8600円となっている。詳細についてはホンダの公式ホームページ(https://www.honda.co.jp/ZR-V)まで。