11月18日、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、2023年シーズンのWRC世界ラリー選手権の参戦体制を発表した。勝田貴元/アーロン・ジョンストン組がTOYOTA GAZOO Racing WRTに昇格し、セバスチャン・オジエ/ヴァンサン・ランデ組と3台目のシートをシェアすることが明らかとなった。

 TGRは2023年シーズンもWRCのトップカテゴリー、ラリー1クラスに参戦。カッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組、エルフィン・エバンス/スコット・マーティン組の2台がシーズンを通じて参戦する一方、2022年にWRCチャレンジプログラムでTOYOTA GAZOO Racing WRTネクストジェネレーションから出場していた勝田貴元/アーロン・ジョンストン組がTOYOTA GAZOO Racing WRTに昇格。セバスチャン・オジエ/ヴァンサン・ランデ組と3台目のシートをシェアすることが発表された。なお、カーナンバーは後日決定予定とのこと。

 また、勝田貴元/アーロン・ジョンストン組はTGR WRTとして参戦しないラリーにはチーム外で参戦。その際の参戦車両はWRTと同様にトヨタGRヤリス・ラリー1ハイブリッドを使用することも明らかにされた。

 トップチーム昇格について、勝田は「自分のキャリアにおいて、次の一歩を踏み出すことを嬉しく思っています。チームの中でこのような役割を担うことは自分にとって大きな目標でした」とコメント。

「このような素晴らしい機会を与えていただいたことに感謝しています。もちろんこれまでよりプレッシャーも増えますが、来シーズンに向けて準備をしっかりして、チームのために自分ができるベストを尽くしたいと思います」

■TOYOTA GAZOO Racing
2023年FIA世界ラリー選手権(WRC)参戦体制
チーム名:TOYOTA GAZOO Racing WRT(World Rally Team)
チームオーナー:豊田章男
チーム代表:ヤリ-マティ・ラトバラ
車両:トヨタGRヤリス・ラリー1ハイブリッド(全長4,207mm:全幅1,875mm)
エンジン:GI4B
タイヤ:ピレリ製

■ドライバー/コ・ドライバーラインアップ
ドライバーコ・ドライバーカッレ・ロバンペラヨンネ・ハルットゥネンエルフィン・エバンススコット・マーティンセバスチャン・オジエヴァンサン・ランデ勝田貴元アーロン・ジョンストン