2022年F1アブダビGPの金曜、レッドブルのセルジオ・ペレスはフリー走行1=4番手/2=5番手だった。

■セルジオ・ペレス(オラクル・レッドブル・レーシング)
フリー走行1=4番手(1分26秒967:ソフトタイヤ/23周)/2=5番手(1分25秒852:ソフトタイヤ/26周)

 今日のマシンは好調だった。FP1とFP2でコンディションが全く違い、興味深いセッションだった。FP1は温度の関係で少しトリッキーだったが、予選や決勝とコンディションが近いFP2に集中して作業に取り組んだ。

 今はバランスを探っているところだが、全体としては明日と、より重要な日曜に向けて大量の情報を集めることができたと思う。

 ロングランでは競争力が高いものの、ショートランではもっとタイムを見つける必要がある。どのエリアを改善できるのかを確認するため、分析作業を進める。ここでは優れたレースペースがあることがとても重要だ。