2022年F1第22戦アブダビGPのフリー走行3回目が行われ、セルジオ・ペレス(レッドブル)がトップタイムをマークした。2番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3番手はルイス・ハミルトン(メルセデス)となっている。角田裕毅(アルファタウリ)は13番手だった。

 気温31度、路面温度45度というドライコンディションで、現地時間14時30分にセッションがスタート。序盤は各車ソフトタイヤかミディアムタイヤを履いており、ソフトのハミルトンが1分26秒040、同じくソフトのジョージ・ラッセルが1分26秒530でメルセデスが1-2につける。2台がピットに戻ると、その後シャルル・ルクレール(フェラーリ)、アルピーヌのフェルナンド・アロンソとエステバン・オコン、カルロス・サインツ(フェラーリ)がメルセデス2台の間に割って入った。この4台はミディアムだ。

 今度はミディアムのペレスが1分25秒861でトップに立った。開始後28分、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)が右フロントタイヤのパンクに見舞われた。ガスリーは無線で「何かが壊れた」と報告しており、ターン9にはガスリーのマシンから外れたフェアリングが落ちている。この落下したパーツを拾うためにセッションは赤旗中断となった。

 なお、ハミルトンが赤旗中に減速しなかった件については、セッション後に審議されるということだ。

 セッションは残り28分のところで再開。フェルスタッペンもようやくコースインを果たし、ユーズドのソフトで1分26秒044というタイムで3番手につけた。ハミルトンもユーズドのソフトで1分25秒824をマークし再びトップに立ったが、その後フェルスタッペンが1分25秒618でトップタイムを塗り替えた。直後にラッセルが1分25秒395を記録したが、最終コーナーで飛び出している。

 新品ソフトのペレスが1分24秒982と、この週末初めて24秒台に突入した。終盤はコース上の全車がソフトタイヤを履き、フェルスタッペンがターン5などで飛び出しつつも1分24秒134と2番手タイムを記録。このままペレス、フェルスタッペンの1-2でセッションは終了し、3、4番手にはハミルトン、ラッセルのメルセデス勢がつけた。

 5番手にノリス、6、7番手にはフェラーリのルクレールとサインツが続き、8番手はダニエル・リカルド(マクラーレン)、9番手はセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)、10番手はアレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)だった。アルファタウリは角田が13番手、ガスリーが15番手となっている。

■2022年F1第22戦アブダビGPフリー走行3回目 リザルト
Pos.No.DriverTeamTimeLaps111S.ペレスレッドブル1’24.9821521M.フェルスタッペンレッドブル1’25.13415344L.ハミルトンメルセデス1’25.22220463G.ラッセルメルセデス1’25.3951554L.ノリスマクラーレン1’25.51816616C.ルクレールフェラーリ1’25.57124755C.サインツフェラーリ1’25.6052383D.リカルドマクラーレン1’25.9501895S.ベッテルアストンマーティン1’26.012131023A.アルボンウイリアムズ1’26.051161131E.オコンアルピーヌ1’26.073171214F.アロンソアルピーヌ1’26.076181322角田裕毅アルファタウリ1’26.170191477V.ボッタスアルファロメオ1’26.189171510P.ガスリーアルファタウリ1’26.239121618L.ストロールアストンマーティン1’26.298201720K.マグヌッセンハース1’26.356211847M.シューマッハーハース1’26.473191924周冠宇アルファロメオ1’26.48217206N.ラティフィウイリアムズ1’26.64614