2022年F1第22戦アブダビGPの予選が行われ、ポールポジション〜5番手のドライバーが土曜日を振り返った。ポールポジション〜5番手に入ったドライバーはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、セルジオ・ペレス(レッドブル)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、カルロス・サインツ(フェラーリ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)だ。

■ルイス・ハミルトン(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
予選=5番手
 僕たちにとって厳しい週末になるだろうと予想してここに来たが、ポールポジションからコンマ8秒(注:正確には0.684秒)も差があるとは思ってもいなかった。今日はストレートだけでトップのマシンよりコンマ6秒も遅かった。全力は尽くしたが、レッドブルとフェラーリからこれほど大きく離されてしまったというのは、少し驚きの結果だ。

 明日のレースペースが今日の予選ペースより優れていることを願っている。パフォーマンスが不足していたことと、今シーズンずっと経験してきたブレーキ温度の問題に加えて、このコースではバウンシングもひどかった。

 チーム全体が懸命に働いて、特に来年に向けてこうした問題を解決するために素晴らしい仕事をしてくれている。今シーズン最後のレースが楽しみだよ!

■カルロス・サインツ(スクーデリア・フェラーリ)
予選=4番手
 チームは堅実な予選をしたと思う。マシンのセットアップを改善し、ペースを向上させた。

 Q3最後のランは完全に満足できるものではなかった。アウトラップでトラフィックに遭い、ウォームアップが影響を受けて、うまくアタックラップをまとめることができなかったんだ。

 それでもマシンの感触には満足しているし、決勝に向けて良いポジションにいると思う。多くのポイントを獲得できる可能性が残っているから、最後までプッシュし続けるよ。

■シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)
予選=3番手
 3番手は今日僕たちに可能な最大限の順位だった。トリッキーな予選で、特にタイヤマネジメントが難しかった。アブダビでは例年そうだが、リヤタイヤがファイナルセクターでオーバーヒートするんだ。
 カルロスがすぐ後ろからスタートするから、協力し合って、前のライバルにプレッシャーをかけていき、シーズンを良い形で締めくくりたい。

(予選後の会見で語り)自分のラップには満足している。これ以上のことができたとは思わない。Q3のランでは、前に誰もいなかったので(トウを得ることができず)それが少し響いたけれど、自分で決めたことだ。僕はクリーンなアウトラップを走りたかった。3番グリッドは良いポジションだよ。早い段階でチェコをパスするチャンスがあるといいね。

(ロングランペースは)金曜より一歩前進したと思う。でもどの程度前進したかは分からないから、それは明日確認するしかない。チェコとはかなり激しい戦いになるだろう。チャンスが訪れれば攻めていく。

■セルジオ・ペレス(オラクル・レッドブル・レーシング)
予選=2番手
 ファクトリーのメンバー、アブダビに来ているメンバー全員にとって、最高のチームリザルトになった。明日、やるべき仕事を達成する上で最高のポジションにつくことができたんだ。
 マックスとのチームワークがとてもうまくいった。2台をできるだけ上位グリッドにつかせることが重要だった。

 Q1とQ2でとても好調だったので大きな期待をしていたが、Q3の最初のランは理想どおりにはいかなかった。それで少し後れをとる形になり、最終的にポールポジションに届かなかった。

 明日は長いレースになる。やるべき仕事を達成し、チームのために大きな結果を出したい。シャルルから逃げるために、スタートをうまく決めることが重要だ。

 僕たちのレースペースは優れているから、自信を持って明日に臨むことができるよ。ブラジルの時よりはるかにパフォーマンスに満足している。

 ドライバーズ選手権で2位を獲得できたら、チームにとって最高の一年になるし、歴史を作ることになるだろう。目的を達成するためにハードワークを続けるよ。

(予選後の会見で語り)マックスは、僕のためにも良い仕事をした。最後のランで僕たちはチームとして協力し合って強さを見せたんだ。肝心なのは明日だ。レースが楽しみだよ。

■マックス・フェルスタッペン(オラクル・レッドブル・レーシング)
予選=ポールポジション
 今日はこれ以上ないほどうまくいった。トウがうまく機能して、フロントロウを独占することができたんだ。コース上で自分たちがやるべきことをした。チームとしてほぼ完璧な予選であり、明日がとても楽しみだ。

 何より重要なのはチェコがシャルルより前にいることなので、それを実現するために僕たちはやれることをやるつもりだ。

 僕たちのマシンは速いと思うが、他のチームについては分からない。今夜のうちに彼らがどれぐらいロングランパフォーマンスを向上させてくるかは予想できないからね。ブラジルで僕たちはミスをしたと思う。でもそこから学習し、本来のポジションに戻ってきた。

(予選後の会見で語り)Q3最初のランの前に混乱が生じた。チェコの前で出て行こうとしたのだが、エンジンを始動しようとした途端に、すべてがシャットダウンしてしまったんだ。それでマシンをリブートしなければならなかった。幸いコースに出て行くことができたが、少し遅れたのはタイヤにとって良くなかった。でもなんとかすべてをコントロールして、いいラップを走ることができた。