11月18日に早くも2023年シーズンの参戦体制を発表したTOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリ-マティ・ラトバラ代表は、来季のWRC世界ラリー選手権において、4台目のトヨタGRヤリス・ラリー1を貸し出す可能性があることを明らかにした。

 2021年シーズンに続き、2年連続で“トリプルクラウン”を達成したトヨタ。同陣営は既報のとおり、来シーズンに向けて一部体制変更を行い日本人WRCドライバー勝田貴元をワークスチームに昇格させることを決定。新王者カッレ・ロバンペラ、エルフィン・エバンスの2名をフルタイムドライバーとして継続起用しつつ、勝田と8冠王者セバスチャン・オジエが3台目のワークスカーをシェアしながらシーズンを戦っていくことをアナウンスした。

 なお、オジエが出場するラウンドでは、勝田はチーム外からトヨタGRヤリス・ラリー1でラリーに参戦することもあわせて発表されている。これはオジエが出場しないラリーで4台目のクルマがスペアカーになることを意味する。

 チームの参戦体制発表から数時間後、TGR WRTを率いるラトバラ代表は、スペアカーの需要があればトヨタは4台目のクルマをプライベーターに貸し出すことに前向きであることを明らかにした。

「今や、我々のラインアップが、来シーズンに向けて何をするかは明らかだ」とWRC公式サイト『WRC.com』に語ったラトバラ代表。

「しかし、もちろん、4台目のマシンが利用できる計7つのイベントでは、レンタルオプションを検討することにしている。だが、これは純粋に(クルマを)貸し出すという話であり、それ以外のことは何もない」

「もし、レンタルに興味がある人がいれば、その選択肢を検討している。現時点では実現するかどうかわからないが、もちろん、興味を持つドライバーがいるかどうかを調べるためにデータを集めているところだ」

「レンタルオプションを検討している4台目は100%ビジネス用で、選手権ポイントの獲得をターゲットにしているわけではない。すでにいくつかの要望はあるが、現時点では決定していない」

 TOYOTA GAZOO Racingは、先週開催されたWRC最終戦『ラリージャパン』でトヨタGRヤリス・ラリー2コンセプトを発表するまで、ラリー競技における顧客向けのプログラムを行ってこなかったが、例外のひとつにエサペッカ・ラッピがトヨタ・ヤリスWRCをレンタルしたケースがある。彼は2021年にWRCの母国ラウンドである第10戦ラリー・フィンランドに出場し総合4位入賞を果たした。