2022年F1第22戦アブダビGPの決勝レースで6位〜10位に入賞したドライバーたちが日曜日を振り返った。6位〜10位のドライバーはランド・ノリス(マクラーレン)、エステバン・オコン(アルピーヌ)、ランス・ストロール(アストンマーティン)、ダニエル・リカルド(マクラーレン)、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)だ。

■セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム)
決勝=10位
 今夜のレースを楽しんだよ。でも、最後にダニエル(・リカルド)をあと少しのところで抜けなかったのは残念だった。

 レースの前に、引退を記念したイベントがグリッド上でたくさん開催されたから、いつもと少し違った雰囲気だった。でも一旦シグナルが消えてしまうと、完全にレースモードに入った。

 簡単なレースではなかった。1回ストップと2回ストップのどちらの戦略を選ぶのか、かなり難しかったんだ。僕のマシンに関しては、1ストップを成功させようとしたけれど、タイヤが古くなってくるにつれて、持ちこたえるのがかなり難しくなった。

 最後の数周をダニエルと戦うことができて、ふたりともポイント圏内でフィニッシュできたのはよかった。でもあとちょっとのところで、コンストラクターズ選手権の順位を上げることができなかった。

 全体的に、とても感動的で意義深い週末になった。皆のサポートに感謝している。たくさんの国旗や大勢の人たちの笑顔を見ることができたのは、本当に特別なことだった。今思っているよりも確実に、僕はこのことを懐かしく思うようになるだろう。

 個人的にこの2年間は素晴らしいものだった。皆からのサポートやメッセージ、手紙、そしてすべての好意に感謝している。寂しく思うようになるだろう。僕のキャリアを通して絶対的な喜びだった。本当にありがとう。

■ダニエル・リカルド(マクラーレンF1チーム)
決勝=9位
 マクラーレンでの最後のレースでポイントを獲得できて本当にうれしい。自分のペースで可能なベストを尽くしたと感じている。

 フロントタイヤを持たせるのに苦戦していた。それが最大の制約になり、少々厄介だった。可能なときに防御し、可能なときにオーバーテイクするといった動きをして、その点ではかなり満足している。

 終盤に(セバスチャン・)ベッテルが急速に追いついてきた。彼からポジションを守ろうとしてタイヤを傷めてしまったと思うが、なんとか持ちこたえてポイントを獲得できたことを喜んでいる。

 良いシーズンの締めくくりになった。チーム全体に感謝を伝えたい。彼らはレース後に素敵なメッセージをダッシュボードに出してくれた。とてもクールだったよ。本当にありがとう。

 僕たちには最高の時も最低の時もあったけれど、そんななかでもここでの時間と、ランドとのレースを楽しみ、マクラーレンに誇りに思ってもらえるように取り組んできた。これまで僕をサポートしてきてくれた全員に感謝している。パパイヤ軍団、サーキットの現場で働くメンバー、ウォーキングのファクトリーで働くメンバー全員に、感謝してもしきれない。

 これがマクラーレンで走る最後のレースになったけれど、次にやることを楽しみにしている。そして、来シーズンのチームの成功を心から祈っているよ。

■ランス・ストロール(アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム)
決勝=8位
 優れた戦略で競争力のあるレースをして、一年を締めくくることができた。パフォーマンスと結果に満足している。チームの仕事は素晴らしかった。

 最後にコンストラクターズ選手権でアルファロメオを抜けなかったのは残念だった。毎戦毎戦全力を尽くし、今日はあと少しで彼らの上に立てそうだったんだけどね。

 一年を通して、サーキットの現場に来ているメンバーも、シルバーストンのファクトリーで働くメンバーも、とても素晴らしい仕事をしてくれて、シーズン後半にマシンからさらなるパフォーマンスを引き出す助けになってくれた。最近では頻繁にポイントを争えるようになってきていた。この進歩は来年に向けて素晴らしい準備になったと思う。

■エステバン・オコン(BWTアルピーヌF1チーム)
決勝=7位
 コンストラクターズ選手権4位を獲得したことを、サーキットの現場に来ているメンバー、ビリーとエンストンのファクトリーで働くメンバー全員に、心からおめでとうと言いたい。
 長くて激しいシーズンだったが、年初に設定した目標を達成できて、とてもうれしい。僕自身については、キャリアで一番多くポイントを獲得できたシーズンになったから満足しているよ。

 今日のレースについて言うと、7位は素晴らしい結果だと思う。あともう1周あったら6位になれた可能性もあった。終盤、ランド(・ノリス)に追いつきつつあったからね。

 この2年、フェルナンドと同じチームで走れて楽しかった。彼の来年の活躍を願っている。彼はいつまでもこのチームの、そしてF1のレジェンドであり続けるだろう。来シーズン、彼とコース上で戦うのを楽しみにしている。

 これからひと休みして、それからまた仕事に戻って、来年の準備に取りかかるよ。

■ランド・ノリス(マクラーレンF1チーム)
決勝=6位
 6位に入って、ファステストラップも記録したから、完璧な形でシーズンを締めくくることができたと思う。厳しいレースだった。最後にオーバーテイクされる可能性もあったが、うまく逃げ切ることができた。

 他のチームに比べて、特にフロントに厳しいコースでは、僕たちは常にデグラデーションに悩まされてきたから、今回は厳しいレースになると予想していた。だから後方に大きなギャップを築いておこうと努力したんだ。最終的に僕は6位、ダニエルは9位で終えることができた。

 ダブル入賞になったのは素晴らしかったし、シーズンの完璧な締めくくりだ。多くのポイントを獲得してチームのモチベーションを上げて、シーズンを終えることができた。とても満足している。チームは最高の仕事をしてくれたよ。