11月21日、ウイリアムズF1チームは、2023年のレギュラードライバーとしてローガン・サージェントを起用することを正式発表した。

 ウイリアムズ・ドライバー・アカデミー出身のサージェントは、2000年12月生まれの現在21歳。2022年シーズンよりFIA F2にフル参戦し、11月18〜20日に開催された最終戦ヤス・マリーナを終え、シリーズランキング4位となり、FIA F2のルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得。スーパーライセンス取得条件をクリアしたことで、2015年のアレクサンダーロッシ(マノー・マルシャ)以来8年ぶりに新たなアメリカ人F1ドライバーが誕生することになった。

「ウイリアムズからF1に参戦する機会を与えられたことは、大きな名誉であり、夢のようだ」と、サージェントはコメント。

「2021年のアメリカGPで初めてチームに合流したときから、ウイリアムズとドリルトン・モータースポーツのすべての人が僕をサポートしてくれていることに、心から感謝している」

「この1年間、ウイリアムズ・ドライバー・アカデミーの一員であったことは、僕にドライバーとして成長するための重要なプラットフォームを与え、F1という次のステージへの準備をさせてくれた。ウイリアムズ・ドライバー・アカデミーの一員となったことで、ドライバーとして成長する重要な土台を得ることができ、この次の章に備えることができた」

 2023年、ウイリアムズF1はアレクサンダー・アルボンとサージェントのふたりで新たなシーズンを迎えることとなった。CEO兼チーム代表のヨースト・カピトは、2023年のドライバーラインアップが確定したことを喜ぶコメントを発表。

「アブダビで行われたFIA F2最終戦を終えて、スーパーライセンス取得の資格を得たローガンを、2023年のドライバーとして正式に発表できることを嬉しく思う」

「アレックス、そしてローガンの加入で、我々は2023年のエキサイティングなドライバーラインアップを完成させた。2021年末にウイリアムズ・ドライバー・アカデミーに参加して以来、ローガンはグローブでシミュレーターを、そして最近では4回のフリー走行に参加して、すでに十分にチームに溶け込むことができている」

 また、ウイリアムズF1のスポーティングディレクターのスベン・スミーツは、「我々のドライバー・アカデミーに所属するローガンが、2023年ウイリアムズからF1に参戦する機会を与えられることは、チームにとって誇らしいことだ」と述べた。

「アカデミー出身のドライバーが我々のF1シートに座ることは、他のアカデミードライバーのモチベーションになり、プログラムの正当性とそれが提供するプラットフォームを証明するものだ。我々は彼をコース上でサポートするだけでなく、オフの間やコース外でも懸命に働き、2023年に最高の状態でシーズンをスタートできるようにするつもりだ」

「我々はみな、2023年シーズンに何が待ち受けているかを大いに期待しており、ローガンがその旅の一部となることを待ちきれない。ローガンの活躍を楽しみにしているよ」

 今回のウイリアムズF1のサージェント起用発表により、2023年のF1を戦う20名のドライバーラインアップが揃うこととなった。