2022年F1アブダビGP決勝で、スクーデリア・アルファタウリのピエール・ガスリーは14位だった。全ドライバー中、唯一ソフトタイヤでスタートし、ハードタイヤでのセカンドスティントを非常に長く取る1回ストップで走った。

 テクニカルディレクターのジョディ・エギントンは次のようにコメントしている。

「ピエールをソフトタイヤでスタートさせたのはアグレッシブな戦略だった。だが予選で下位に終わっていたため、ポジションを早い段階で上げるために、リスクを冒すべきだと考えた」

「ポイント圏外を走っていたが、ミドルスティントを延長して、終盤に新品タイヤを履くチャンスが訪れるかどうかを見ていた。結局そういうチャンスは訪れず、ハースの前に出すことはできたものの、ポイント圏内に浮上させることはできなかった」

「最後に、チームを代表して、ハードワークに取り組み、献身的に仕事に当たってくれたピエールに感謝したい。彼はここ数シーズンの我々の成功において重要な役割を果たしてくれた。2023年の彼の活躍を祈っている」

 このレースを最後に、ガスリーはアルピーヌへと移籍する。アブダビGP後のタイヤテストでガスリーは初めてアルピーヌで走る予定であり、月曜にはシート合わせを行っている。


■ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ)
決勝=14位
17番グリッド/タイヤ:ソフト→ハード
2022年F1ドライバーズ選手権14位(23ポイント)

 レースについてはあまり言うことがない。他とは違うことを試してみたが、うまくいかなかったようだ。僕にとってスクーデリア・アルファタウリでの最後のレースだったが、悲しいことに、一緒に過ごした時間を反映するような結果を出せなかった。

 このチームで過ごした数年の間に経験したことすべてを永遠に忘れない。F1でのデビューレース、最初の表彰台、初優勝をここで経験した。彼らのおかげでドライバーとして成長することができた。すべての成果に関して深く感謝している。

 これまで一緒に働いてきた皆に心からお礼を言いたい。彼らは皆、素晴らしい仕事をしてくれた。そして表彰台という最高の経験を3回共有したんだ。決して忘れることのない思い出を共に祝おう。