21世紀に甦った新世代MINIファミリーのうち、4番目のモデルとして誕生した『MINI Crossover(ミニ・クロスオーバー)』だが、その2代目より導入されたPHEV(プラグインハイブリッド)モデルをベースとする特別仕様車『ミニ・クロスオーバー・アルバート・ブリッジ・エディションPHEV』が登場。11月10日より発売が開始されている。

 2017年に2代目に進化し、さらに2020年秋にはエクステリア・デザインを洗練させると同時に機能性を向上させた現行モデルは、ガソリン、クリーン・ディーゼルの両仕様に加えて、1.5リッター直列3気筒直噴ターボ(136PS/220Nm)に後輪を駆動するモーター(88PS/165Nm)と容量10kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載したPHEV仕様をラインアップする。

 システム総合で224PS/385Nmを誇り、EVでの最大航続可能距離53kmを記録する同車をベースに、限定ボディカラーやレザーシートなどハイグレードな装備をまとう今回の特別仕様車は、夜にはたくさんのライトで彩られロンドンの名所となっている、テムズ川に掛かる趣のある橋“アルバート・ブリッジ”の名を冠した。

 これには2030年代に電気自動車ブランドへの転換を計画するMINIにとって「未来への架け橋になるように」との想いが込められている。

 エクステリアは、MINIファミリーでも人気の“ルーフトップ・グレー”を特別に装備し、ブラックのルーフ&ミラーキャップとフレームやエンブレム、モール類を引き締めるピアノ・ブラック・エクステリアを採用。19インチのアロイ・ターンスタイル・スポーク2トーンのホイールでパワフルなSUVらしさを強調し、さらにPHEV専用カラーである黄色をベースにデザインされた専用パーツを、フローティング・ホイールキャップを含む各所に採用するなど、都会的かつスポーティな印象としている。

■インテリア・サーフェスにはMINI Yoursインテリア・スタイル・シェーデッド・シルバー・イルミネーテッドを採用

 一方のインテリアでも、MINIクラブマン専用シートとして人気を博したレザー・チェスター・インディゴ・ブルーを特別装備し、深く美しいブルーがドア・トリムおよびダッシュボードのアクセント・ストリップと連動するコーディネートに。またインテリア・サーフェスにはMINI Yoursインテリア・スタイル・シェーデッド・シルバー・イルミネーテッドを装備することで、ダッシュボードを彩る華やかな空間が演出される。

 さらに専用デザインパーツとして、フロアマットやエンブレム入りのドアシルを装備し、上質なレザーを用いたナッパレザー・ステアリングのスポーク下部にも“Albert Bridge Edition”のネームが掲げられる。

 そうした高いデザイン性に加えて安全装備や運転支援システム充実し、前車接近警告機能、衝突被害軽減ブレーキ、レーン・ディパーチャー・ウォーニング機能を標準装備。またストップ&ゴー機能付きのアクティブ・クルーズ・コントロールやパーク・ディスタンス・コントロール(フロント&リヤ)、縦列駐車をサポートするパーキング・アシストなども備え、安全性をさらに向上させている。

 そのほか、タッチ操作でGoogle MapやiPhone純正マップの使用、電話やメッセージの送受信などが可能なMINI APP接続など、インテリジェントなコミュニケーション機能も多数装備し、価格は559万円(税込)となっている。



MINIカスタマー・インタラクション・センター:0120-3298-14
MINIインターネット・ウェブサイト:http://www.mini.jp