各F1チームは2022年シーズン最終戦アブダビGPの後もヤス・マリーナ・サーキットに留まり、ピレリのタイヤテストを共同で行う。このテストに参加する10チームのドライバーラインアップが概ね明らかになった。

 各チームは2台のマシンを用意し、1台はレギュラードライバーに、もう1台はルーキーに割り当てるが、双方とも、ピレリが開発しているハードコンパウンドを含む、2023年型タイヤの最終仕様の評価において重要な役割を担う。なお、このテストはチームを移籍する一部のドライバーや新たに昇格した若手が、新しいチームやチームメイトに慣れるための機会でもある。

 各チームのラインアップは以下のとおりだ。

・レッドブル:マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスのどちらをメインのマシンに乗せるか不明。2台目のマシンはリアム・ローソンがドライブ。

・フェラーリ:カルロス・サインツとシャルル・ルクレールは分担してメインのマシンの走行を行い、2台目のマシンは育成のロバート・シュワルツマンが担当予定。

・メルセデス:参加するレギュラードライバーを発表していない。また、デンマーク出身の育成ドライバーであるフレデリック・ベスティがF1デビューを飾る予定だ。なおベスティは、来シーズンはプレマ・レーシングからFIA F2選手権に参戦する。

・アルピーヌ:ピエール・ガスリーは今年末までレッドブルの契約下にあるが、チームの義務からは解放され、アルピーヌからテストに参加。ジュニアドライバーであるジャック・ドゥーハンが2台目をドライブ。

・マクラーレン:ランド・ノリスがレギュラードライバーとしてコースに出るが、テストの目玉はアルピーヌから移ってきたオスカー・ピアストリの公式デビューだろう。

・アルファロメオ:ピレリとの主な仕事はバルテリ・ボッタスが担当する一方で、ザウバー育成のテオ・プルシェールは、F1マシンでの経験を引き続き積み重ねていくことになる。

・アストンマーティン:アルピーヌから移籍したフェルナンド・アロンソが登場。アロンソはチームの主要業務を新チームメイトのランス・ストロールと分担するが、今年のFIA F2チャンピオンでリザーブドライバーのフェリペ・ドルゴヴィッチも参加予定だ。

・ハース:F1に復帰したニコ・ヒュルケンベルグが参加。また、ピエトロ・フィッティパルディもハースの2台目のマシンで走行を行う。

・アルファタウリ:角田裕毅は冬休みに入る前にもう1日走行を行う予定だ。また新加入のニック・デ・フリースもチームに合流し、今年5台目となるF1マシンのドライブを果たす。

・ウイリアムズ:アレクサンダー・アルボンとローガン・サージェントを起用し、2023年のラインアップである彼らの能力を試すことになる。

■ピレリF1タイヤテスト ドライバーラインアップ(2022年11月21日発表)
TeamDriverレッドブルマックス・フェルスタッペン or セルジオ・ペレスレッドブルリアム・ローソンフェラーリシャルル・ルクレール&カルロス・サインツフェラーリロバート・シュワルツマンメルセデスルイス・ハミルトン or ジョージ・ラッセルメルセデスフレデリック・ベスティアルピーヌピエール・ガスリーアルピーヌジャック・ドゥーハンマクラーレンランド・ノリスマクラーレンオスカー・ピアストリアルファロメオバルテリ・ボッタスアルファロメオテオ・プルシェールアストンマーティンランス・ストロール&フェルナンド・アロンソアストンマーティンフェリペ・ドルゴヴィッチハースニコ・ヒュルケンベルグハースピエトロ・フィッティパルディアルファタウリ角田裕毅アルファタウリニック・デ・フリースウイリアムズアレクサンダー・アルボンウイリアムズローガン・サージェント