2022年F1最終戦の開催地であるアブダビのヤス・マリーナ・サーキットで、11月22日、F1全10チームが参加する2023年用タイヤテストが実施された。このテストは、F1参戦を目指す若手ドライバーにF1走行の機会を与える目的も兼ねており、各チームは、レギュラードライバー用に1台、ヤングドライバーテスト用に1台を走らせた。例年2日間行われていたテストだが、今年は1日の開催で、24人のドライバーが走行。今回のテストでは来シーズンに向けたタイヤテストの作業が行われたため、タイムには大きな意味はない。

 当日は2023年に新たなチームに移るドライバー、F1デビューを果たすドライバーが新チームでの走行を行う場としても大きな注目を集めた。フェルナンド・アロンソがアストンマーティン、ピエール・ガスリーがアルピーヌ、オスカー・ピアストリがマクラーレン、ニック・デ・フリースがアルファタウリ、ニコ・ヒュルケンベルグがハース、ローガン・サージェントがウイリアムズで、それぞれ来年に向けた準備をスタートした。






 タイムシートではフェラーリがトップ3を独占、カルロス・サインツの1分25秒245が最速だった。アルファタウリの角田裕毅は135周を走行し、20番手タイムを記録した。


■2022年F1アブダビテスト(11月22日)タイム結果
Pos.DriverTeamTimeLaps1カルロス・サインツフェラーリ1’25.245652シャルル・ルクレールフェラーリ1’25.383563ロバート・シュワルツマン*フェラーリ1’25.4001164ピエール・ガスリーアルピーヌ1’25.6891305マックス・フェルスタッペンレッドブル1’25.845766アレクサンダー・アルボンウイリアムズ1’25.9591187ローガン・サージェント*ウイリアムズ1’26.063828ニック・デ・フリース*アルファタウリ1’26.1111519ランス・ストロールアストンマーティン1’26.2637010リアム・ローソン*レッドブル1’26.28111111ジャック・ドゥーハン*アルピーヌ1’26.29711112フェルナンド・アロンソアストンマーティン1’26.3129713セルジオ・ペレスレッドブル1’26.3338814オスカー・ピアストリ*マクラーレン1’26.34012315フェリペ・ドルゴヴィッチ*アストンマーティン1’26.59510616バルテリ・ボッタスアルファロメオ1’26.70912917ルイス・ハミルトンメルセデス1’26.7506718ランド・ノリスマクラーレン1’26.89011519ニコ・ヒュルケンベルグハース1’27.00011020角田裕毅アルファタウリ1’27.12313521ピエトロ・フィッティパルディ*ハース1’27.1729922フレデリック・ベスティ*メルセデス1’27.21612423ジョージ・ラッセルメルセデス1’27.2407324テオ・プルシェール*アルファロメオ1’27.591106
*=ヤングドライバーテスト