FIA F2は、11月23日〜25日にアブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行われるFIA F2ポストシーズンテストの参加ドライバーを発表した。2022年シーズン、フランスのダムスよりFIA F2デビューを果たし、通算2勝のランキング5位で終えた岩佐歩夢は、今回のポストシーズンテストについてもダムスより参加することが明らかとなった。

 フェリペ・ドルゴヴィッチがドライバーズタイトルを獲得し、シリーズ4位に入ったローガン・サージャントがウイリアムズF1から2023年のF1昇格を決めた2022年シーズンのFIA F2。このポストシーズンテストから、一部のドライバーは新チームより参加。また今季FIA F3王者のビクトール・マルタンスを含め多くのFIA F3ドライバーが参加。

 セッションは前半と後半のそれぞれ3時間を3日間行われる。このテスト期間中には、最終戦で使用された同コンパウンドのミディアムタイヤが5セット、ソフトタイヤが3セット用意され、各チームは自由に使用できる。今回の2022年ポストシーズンテスト初日には8人の新人ドライバーを含む22名が顔を連ねた。

 また、一部チームはこのポストシーズンテスト直前に2023年のドライバーズラインアップを発表。レッドブル育成のデニス・ハウガーはプレマ・レーシングからチャンピオンチームのMPモータースポーツに移籍。ハウガーの抜けたプレマのシートにはFIA F3ランキング3位のオリバー・ベアマンが収まる。また、プレマ・レーシングは今季ARTグランプリより参戦したフレデリック・ベスティの2023年FIA F2起用を発表している。

 そして、既報のとおりダムスはシャルル・ルクレールの弟、アーサー・ルクレールを2023年のドライバーとして起用することを発表。2022年、ダムスのエースドライバーだった岩佐については、まだ何も発表されてはいないものの、今回のポストシーズンテストはダムスより出走する。

 FIA F2発表によるポストシーズンテストの暫定エントリーリストは以下のとおりだ。

■2022年FIA F2ポストシーズンテスト暫定エントリーリスト(11月22日時点)
Car.NoDriverTeam1フレデリック・ベスティプレマ・レーシング2オリバー・ベアマンプレマ・レーシング3ジャック・ドゥーハンビルトゥジ・レーシング4アムーリ・コルデールビルトゥジ・レーシング5エンツォ・フィッティパルディカーリン6ゼイン・マロニーカーリン7アイザック・ハジャルハイテックGP8ジャック・クロフォードハイテックGP9ビクトール・マルタンスARTグランプリ10テオ・プルシェールARTグランプリ11デニス・ハウガーMPモータースポーツ12ユアン・ダルバラMPモータースポーツ14クッシュ・マイニカンポス・レーシング15ラルフ・ボシュングカンポス・レーシング16アーサー・ルクレールダムス17岩佐歩夢ダムス20ロマン・スタネトライデント21クレモン・ノバラックトライデント22ロイ・ニッサニーチャロウズ・レーシング・システム23ブラッド・ベナビデスチャロウズ・レーシング・システム24リチャード・フェルシュフォーファン・アメルスフォールト・レーシング25ラファエル・ヴィラゴメスファン・アメルスフォールト・レーシング