BMWの“X”ライン旗艦として、印象的な上下2分割の“ツイン・サーキュラー&ダブル・ライト”に加え、暗闇で光を放ち存在感を増す“アイコニック・グロー・キドニーグリル”を新たに採用するなど、新規軸を導入した新型『BMW X7(エックスセブン)』が上陸。11月15日より発売開始となっている。

 2019年にラインアップの頂点を担う存在として登場したBMW X7が、今回は一部改良版として導入され、内外装の機能を全面的に刷新する大幅な進化を遂げた。

 その最大の識別点となるエクステリアは、同じくサルーンのフラッグシップに君臨する『7シリーズ』と同様に、上部にはターンインジケーターを含むLEDデイタイム・ランニングライト、下部にはアダプティブ・マトリックス機能を採用したコーナリングライト機能も併せ持つLEDヘッドライトとし、BMWの象徴でもあるキドニーグリルは暗闇で光を放ち存在感を増すアイコニック・グロー・キドニーグリルとするなど、圧倒的な存在感と威風堂々たる佇まいを放つ姿となった。

 また先代同様に6名乗車、もしくは7名乗車仕様が選択可能とし、とくに6名乗車仕様ではすべての乗員のシートを肘掛けのある個別のシートとすることで、疲労を感じないリラックスした長時間のドライブが可能に。

 そのインテリアも、他のモデルで先行搭載されてきた12.3インチのメーターパネルと、14.9インチのコントロールディスプレイを一体化させ、ドライバー側に湾曲させた最新のカーブド・ディスプレイを採用。さらにナビゲーション・システムにおいて、目的地をセットした場合、14.9インチのコントロール・ディスプレイにはAR機能により、リアルタイムで前方の映像が映し出され、進行方向を表示する矢印が表示される。

 コンソール部ではトランスミッションのシフトレバーを廃止し、BMW特有のiDriveコントローラー回りをすっきりとさせる事で運転席まわりの空間を広くし、モダンな印象が与えられた。

■異なるパワートレインを搭載した2モデルを設定。足回りにも新装備を搭載
 このシフトレバー廃止に併せてパドルシフトが全モデルに標準装備されるとともに、パワートレインには最高出力340PS、最大トルク700Nmを発揮する高効率な最新型の3リッター直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・ディーゼルの“xDrive40d”と、最新型の4.4リッターV型8気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジン(530PS/750Nm)を搭載した“M60i xDrive”を設定。ともに8速ATの4輪駆動となり、ディーゼルには“エクセレンス”と、おなじみ“Mスポーツ”の2種類のトリムが用意された。

 さらに各輪ごとにエアを供給し、個別調整により不均衡な積載状態を補正することが可能なオートマチック・セルフレベリング・コントロール付きアダプティブ2アクスル・エアサスペンションと、電子制御ダンパー付きアダプティブ・サスペンションを標準装備。あらゆる速度域で常に最適な車高を提供できるため、快適で安全なハンドリングを実現した。

 そのほか、卓越したハンドリングと快適性を両立する電動パワーステアリング“インテグレイテッド・アクティブ・ステアリング”や、直進走行時の快適性向上に寄与するアクティブ・ロールスタビライザーなどを統合制御することで、ハンドリング精度を向上させ、ダイナミックなコーナリング時にも効果を発揮する“エグゼクティブ・ドライブ・プロ”など、新しい次元の走行快適性と長距離ドライブの快適性がもたらされるという。

 BMWが国内認可取得モデルとして初めて導入した“ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能”や、安全機能・運転支援システムの“ドライビングアシスト・プロフェッショナル”や完全自動駐車が可能となる“パーキングサポート・プロフェショナル”なども標準装備し、価格は1339万〜1698万円(税込)となっている。詳細はBMWの公式サイト(https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/x7/2022/bmw-x7-overview)まで。