フェラーリのチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、フェラーリは2022年シーズン序盤にエンジントラブルに見舞われたことから、シーズン中のエンジン出力を「わずかに下げなければならなかった」と明かした。

 フェラーリは今年3月の開幕戦バーレーンGPからパフォーマンスを発揮した。シャルル・ルクレールは開幕戦で優勝し、オーストラリアでも勝利を収めた。フェラーリとルクレールは、レッドブルとマックス・フェルスタッペンとタイトルを争う地位を確立したが、ここから得体の知れないトラブルに見舞われるようになった。スペインでは、ルクレールは首位を走行していたものの、ターボの故障でレースをリタイアした。

 ルクレールはバクーでもエンジンに関連してリタイアを余儀なくされた。一方チームメイトのカルロス・サインツは、オーストリアで1-2フィニッシュを飾るチャンスがあったが、レース終盤にパワーユニットが故障し、マシンからは火の手が上がってしまった。

 先週末のアブダビでビノットは、その期間の信頼性の懸念から、最終的にエンジンの「出力をわずかに下げざるを得なかった」と認めた。この止むを得ない変更によって、フロントタイヤのデグラデーションの問題がマシンに影響したほか、チーム自体の戦略ミスによるポイント不足もあり、チームとルクレールによるレッドブルとフェルスタッペンとのタイトル争いは、必然的に封じられてしまった。

 ビノットは、信頼性の改善が2022年のチームの最優先事項だったと指摘した。

「それは我々の最優先事項だ。なぜなら優勝するためには信頼性が必要だからだ。だが今シーズンには信頼性がなかったし、シーズン中のバランスも同様だった」とビノットは語った。

 しかしエンジンの耐久性だけが、この冬に向けたチームの焦点となるわけではない。

「ふたつ目はマシンスピードだ。我々は予選では非常に競争力があったが、レース自体では必ずしもそうはならなかった。タイヤのデグラデーションのせいだろうが、純粋なレースペースのせいであろうが、より上のポジションを得るのに十分ではなかった」

 最終的にフェラーリは、戦略部門の組織改善に取り組んでいる。今年見られたように、ドライバーの努力を台無しにする手痛いミスを避けるためだ。だがビノットは、より速いマシンがあれば、戦略や戦略遂行の際のミスをカバーするのに、大いに役に立つと認めている。

「速くて信頼性の高いマシンを開発すれば、戦略やピットストップでミスをしたとしても、マシンの速さと信頼性で常に補うことができるものだ。その点に取り組む必要がある」